FC2ブログ

TVアニメ「けいおん!」ライブイベント ~レッツゴー!~

TVアニメ「けいおん!」ライブイベント ~レッツゴー!~



2009年12月30日(水)17時00分~19時40分(開場15時00分)



会場:横浜アリーナ



出演; 豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子、竹達彩奈、

真田アサミ、米澤円、藤東知夏









イベント参加







指定席が買えずに立見席に。



整理番号が150番台と後ろの方だったので、

見やすい位置を確保できず。



おまけに身長163センチの自分には、ひとの隙間から辛うじて

スクリーンが見える程度でした。



なので、今回の感想は特にありません。



正直、これで指定席と同じ値段なのは、ちょっと納得できません。











素敵なライブだったと書きたいですが、アレだけ見えないと無理です。



何しに行ったのか分からないくらい見えませんでした。











前売 6825円









スポンサーサイト



5pb.&アルケミスト合同ステージ「5pb.×Alchemist コミケSPECIAL LIVE」

5pb.&アルケミスト合同ステージ「5pb.×Alchemist コミケSPECIAL LIVE」



2009年12月29日(火)15時30分~17時00分(開場15時00分)



会場:東京ビックサイト 会議棟7F 国際会議場



出演:今井麻美、加藤英美里、小林ゆう、nao、花澤香菜、彩音、

いとうかなこ、喜多村英梨







イベント参加









イベントが始まる前に、会場の構造上、スタンディング禁止の注意あり。



また、チケットにサイリュウム持込み禁止の注意書きあり。











Alchemistの最新作の紹介映像の後、「のーふぇいと!」よりヒロイン役の

加藤さんと主人公のクラスメイト役の喜多村さんが登場。









「のーふぇいと!」のトークコーナーに。





喜多村さんの役は、ゲーム中イベントCGがない立ち絵のみのキャラ。



なのにイベントに呼ばれ、音泉配信のラジオのパーソナリティまで

務めることに。



「ご指名ありがとうございました」とキャバ嬢みたいな衣装の喜多村さんが挨拶。





また、作品にちなんで周りに宇宙人がいたらというトークで、楽屋にいる

小林ゆうさんが「巨匠」であり宇宙人扱いに。











「のーふぇいと!」のトークコーナーの後、5pbの最新作の紹介映像。



ただ、途中で紹介映像が流れないハプニングがあり、「風のリグレット」みたいと

司会の方が誤魔化しながら最新作を紹介。









「シュタインズ;ゲート」のトークコーナーに。



今井さん、小林さん、花澤さんが登場。



プロデューサーと司会の方が色々と考えた結果、某番組風のサイコロトークに。









今井さんの出したサイコロのキーワードは、「中二病」で自分が中二病だと思うところを

聞かれ、マンガを描いていたことを告白し、そのときのペンネームを公開。



会場を出たら忘れるようにということだったので、どんなペンネームかは忘れました。







花澤さんの出したサイコロのキーワードは、「ツッツッルー」で自分の決め台詞

(口癖)は何かということで。



なにやら花澤さんの中だけで流行っている挨拶を披露。







小林さんのキーワードは、「だが、男だ」で付き合うとしたら「女装した男の子」か

「男装した女の子」かのどちらかという質問。



そんなのは関係なく、どちらとも付き合うと。







ちゃんとサイコロを振ってのトークでしたが、出すべきひとが出すトーク

コーナーでした。









「シュタインズ;ゲート」のトークコーナーの後、naoさん、彩音さん、いとうさんの

ライブコーナーに。



「11eyes CrossOver」や「CHAOS;HEAD」、「ひぐらしのなく頃に絆」から披露。



迫力のあるライブでした。







90分、ほぼ時間通りで駆け足の感じがありましたが、ギュッと詰まった濃い楽しい

イベントでした。







来場者全員プレゼントのテレフォンカード。





前売 3000円

オカリナ部 1st STAGE「祥寺 de オカリーナ」

オカリナ部 1st STAGE「祥寺 de オカリーナ」



2009年12月27日(日)19時00分~21時00分(開場18時00分)



会場:吉祥寺スターパインズカフェ



出演:松本和子、関智一、長沢美樹、飯塚雅弓、沢城みゆき、上田伸哉



ゲスト:野上朝生(piano)、谷先生(オカリナの先生)



イベント参加







出演者全員でオープニングトーク。







イタリア語のオカリーナの意味を谷先生から聞き、関さんのセクハラ発言。

松本さん、長沢さん、沢城さんの胸は関さん的には「オパリーナ」小さいそうで。







出演者の衣装は、宣材写真と同じ。



沢城さんは「等身大」で、飯塚さんは「形から」だとか。







最初に谷先生が、オカリナ演奏のお手本として「コンドルが飛んで行く」を披露。









各演奏の前に、その演奏者の練習風景の映像を流してからオカリナ演奏。









上田さん、松本さんの「風になる」



ふたりとも着ぐるみ姿で演奏。







長沢さんの「サンタが町にやって来た」



最初「コンドルが飛んで行く」を演奏すると豪語していたようですが、

練習不足で曲を変更したそうです。







関さん、沢城さん、谷先生の「蕾」



練習不足を歌で誤魔化す関さんと、真面目に練習して

その実力を存分に発揮する沢城さん。







上田さん、松本さんの「君をのせて」



舞台の練習で右手を怪我しながらも練習する上田さんの

映像が流れましたが、本番ではきちんと演奏していました。









関さん、飯塚さん、松本さんの「Destiny」



曲は飯塚さんの持ち歌。

努力家の飯塚さんの一面が存分に出ていました。











谷先生が締めに「愛の賛歌」











出演者が全員でクリスマスソングと正月の歌を歌って終了。











谷先生の本物のオカリナ演奏とピアノの伴奏でずいぶんと誤魔化している

部分がありましたけど、楽しい演奏会でした。

















入場者全員へのプレゼント。サイン入り写真。









チケット半券。















前売 3600円 + ドリンク代 600円 計 4200円

12/23『LIVE・SAKURA』

12/23『LIVE・SAKURA』



2009年12月23日(水)16時30分~18時00分(開場16時00分)



会場:「LAPIN ET HALOT(ラパン・エ・アロ)」B1F



出演:丹下桜







イベント参加







ステージの両端には、家の中で飾るような

小さなクリスマスツリー。







パーティードレスで丹下さん登場。



クリスマスソングと凛子ソングを披露。







その歌の間に丹下さんが絵本を朗読。



「ゆきがたくさんつもったら」と

「ちいさなサンタまちにいく」の二冊。



相変わらず愛らしくて優しい声でした。



癒されます。









アンコールの前にスタッフが凛子ケーキを

ステージに。



アンコールの拍手で出てきた丹下さんが

それを見て感激。



ステージがライトで熱いので、溶けないようにと

丹下さんがケーキを楽屋に退避。







まったりライブで楽しかったです。







予約 4500円

「美佳子@ぱよぱよ」公開録音

「美佳子@ぱよぱよ」公開録音



2009年12月20日(日)19時00分~20時40分(開場18時30分)



会場:ムーブ町屋



出演:高橋美佳子



ゲスト:井口裕香



イベント参加







1部がお便り、2部がゲストとのゲームコーナー、3部がゲストとの

トークコーナー。







公録が始まる前に、お客さんから金の抽選箱のプレゼントあり。



これまではプレゼントの抽選のときは、座席番号を書いた紙を

あり合せの紙袋に入れて抽選。



それを見かねてのプレゼントだとか。



たぶん、これからの公録で、イベントの最後にその勇姿が

毎回見られるかも。











1部で美佳子さんが最近、麻雀を習っているとトーク。



プロではないですが、お弟子をたくさん持っている方が先生についていて、

その方の麻雀のテストがもうすぐあるそうです。



その先生は、美佳子さんを声優界一の雀師にすると意気込んでいるとか。













2部のゲームでは、美佳子さんとゲストの裕香さんが一万円分の商品券を

賭けてクイズに挑戦。



勝敗については、来年の配信をお聞き下さい。



ただ、お二人とも素晴らしい解答でした。









3部のゲストとのトークでは、裕香さんの物まねに関するメールが

多数寄せられ、物まねを披露することに。



以前、大学祭のイベントで見せていただきましたが……。





物まねを披露した後、超ラジに美佳子さんがゲストで出演したときの話に。



もともとゲストの予定ではなく、裕香さんと待ち合わせしていた美佳子さんが

収録をこっそり見ようとしたのを裕香さんに見つかってそのまま出演したとか。



なので、宣伝とか特になくて、スカイダイビングの話だけになったそうです。







最後にプレゼントの抽選があって、終了。



さっそく金の抽選箱が活躍。













どことなくゆるゆるとした楽しい公開録音でした。











来年、1月14日配信予定。

















予約 1500円 + パンフレット 500円 計2000円

ランティス祭り後夜祭

ランティス祭り後夜祭



2009年12月19日(土) 18時00分~22時15分(開場17時00分)



会場:O-East



出演:遠藤正明、緒方恵美、影山ヒロノブ、きただにひろし、CooRie、栗林みな実、

橋本みゆき、速水奨、飛蘭、美郷あき、milktub



イベント参加









1部が静かな曲のライブ、2部がトーク、3部が激しい曲のライブ。









一応、静かな曲というテーマが決まっていましたが、milktubが1部で激しい曲を。



持ち歌が激しい曲しかないとか。











トークでは、ランティス設立から今年までに出たシングルやアルバムの中から

有名なものをピックアップして紹介。



緒方さんが、なぜランティスからアルバムを出すことになったかの話が随分と

生々しかったかと。









3部の激しい曲のライブのあと、アンコール。



出演者全員のランティス組曲は圧巻だったかと。

















実は9月のランティス祭りは行っていないので、今度同じような

祭りがあったら行きたいと思います。





















前売 6500円 + ドリンク代 500円 計7000円

そちたちvol.7

そちたちvol.7



2009年12月19日(土) 13時00分~15時30分(開場12時30分)



会場:秋葉原・LittleBSD 3F



出演:稲村優奈、花村怜美



ゲスト:橋本まい、山岡ゆり







イベント参加







来年1月配信予定のそちたち、1月14日と28日の

2回分を収録。







稲村さんと花村さんはサンタコスで登場。









1回目は、ゲストのふたりと普通に収録。



普通にというのは、まだまだゲストの方が全開では

なかったので。











1回目終了後、プレゼント抽選あり。



お菓子の詰まったサンタ靴と萌え萌えライスがプレゼントされ、

その萌え萌えライスが当たりました。





「青い花」の店頭ポップの次は、萌え萌えライス。



来年も、この運が続くといいけど……。













休憩のあと、2回目の収録。



さて、この公開録音では出演者も飲食することができます。



1回目で飲んだカクテルの効果が出てきたのか、ゲストのまいさんが

ほろ酔いの状態で登場。



おまけに2回目の収録では、ビールと枝豆を注文。



酔って、笑い上戸に。





稲村さんとまいさんとゆりさんが、ノドに悪そうなものを

口にしたり、きゅうり猫と稲男ンステージのコーナーが

とても面白かったかと。













来年、配信が始まりましたら、ぜひ聞いてみて下さい。



特に28日配信分は、お薦めだと思います。









プレゼント抽選でいただいた萌え萌えライス。



「下克上」の文字は会場からの声と、その場のノリで希望し、

稲村さんと花村さんに書いていただきました。











予約 3500円 + ドリンク代 500円 計4000円

『聖痕のクェイサー』 第1話 試写会

『聖痕のクェイサー』 第1話 試写会



2009年12月18日(金) 19時30分~20時15分(開場19時00分)



会場:AKIHABARAゲーマーズ本店 8F イベントスペース



ゲスト:飛蘭



イベント参加







招待状に感謝。







行ってきました第1話試写会。



公式HPのプロモーション映像から予想はしていましたが、

予想以上でした。







素晴らしい乳アニメです。



女性が見たら絶対に引く映像です。







見せていただいた第1話はディレクターズカット版で、

テレビ版とは大きく違うとか。



それも、テレビ版よりも新作カットがあり、音声も録り直して

いるとか。



実際にテレビ版と比較してみないと分からないですが、

テレビ版ではソフトな部分がディレクターズカット版では

過激になっているということらしいです。







少なくとも、試写会で見せていただいた第1話はエロ過ぎ

だと思いました。







声優さんも、色々と大変だなと。



というか、あんなエッチな声を出させていいのかと……。



『クイーンズブレイド』でも色々な声がありましたが、

アレよりも上を行っている気がします。















あと、織部まふゆと山辺 燈の会話を聞いていると、何となく

『聖剣の刀鍛冶』を思い出しました。



まふゆとセシリーって、性格的にも似ているような……。









とりあえず、物語の始まりとしては第1話は面白いかと。

















1話の上映が終わった後、飛蘭さん登場。



ゲストの飛蘭さんも、第1話の内容を見てビックリしている様子。







『聖痕のクェイサー』のOP曲「Errand」の宣伝。



ミニライブで新曲「Errand」と2ndシングル「I sing by my soul」

を披露。





もうちょっとトークがあるかと思いましたが、2曲を歌われて

そこでイベントは終了。











先行で第1話を見せていただいたありがたいイベントでしたが、

ちょっと短かった気もします。







招待状は、入場時に回収済み。事前に撮影しておいたもの。





参加費無料

嫁としていただきました。



儀武さんのブログに、いただいた「青い花」のポップの

映像が載っているのを見つけました。





そうか、イベントの始まる前にああいう写真を撮っていた

んですね。









大事にします。













いったん組み立てましたけど、いまはダンボールの箱に戻し

箱入り娘として大切にしております。



















いや、その、ずっと飾っておきたいところですが、

あれって本当にデカイので……。













昔の話。

かなり昔、とある声優さんのファンクラブイベントに

参加したときの話。





東京に上京する前の話。









普通のコンサートホールよりは小さい会場での

イベントに参加。



当時、バイトの都合で開場時間に間に合わず、

会場の後ろの方で観ようとしましたがステージは

ほとんど前のひとの頭で見えませんでした。









でも、「会場のみんなの顔がよく見えるよ」という声。







こちらから見えないのに、向こうから自分が見える

はずがありません。









何か白々しさを感じて、イベントが始まって数分で退場。



アンケートがあったのですが、ステージが全然見えないと

書いて会場を出ました。



リップサービスという言葉を知ったのは、このあとだったと

思います。





























14日のイベントで大地監督に「おっさん」と連呼され、

何となくこのときのことを思い出しました。

















E.T.Tのギャグ練炭

E.T.Tのギャグ練炭



2009年12月14日(月) 19時30分~22時00分(開場18時30分)



会場:Asagaya/Loft A



出演:エグチン(江口寿史)、タムタム(田村信)、タヒチン(大地丙太郎)







イベント参加







大地監督が出るというので参加してみました。



E.T.Tについては、ほとんど知識なし。









一部が「老いたわ」「大阪」などのテーマに合わせてのトーク、

二部が今年一年のE.T.Tの活動の写真を見てのトークでした。





『練炭唱歌』と『練炭ヴゥギ』は、曲の方ができていなくて

詩のみ紹介。







途中、元アイドルの方や声優さんのゲストあり。





酔った勢いで某長寿漫画をけなしたり、ダジャレの多い

酔っ払いトーク。











面白い内容でしたが、客いじりで大地監督に自分は

「おっさん」扱い。



一瞬、「おっさん」と呼ばれたのが自分のことだとは

気づきませんでした。



親しみを込めた「おっさん」扱いだとは思いますけど

苦笑。













22時にトークライブは終了したのですが、そのまま会場で

出演者と観客の飲み会。



飲み会で観客の自己紹介あり。



自分は基本、臆病で口下手なのでボロボロの自己紹介に。



あと、大地監督の「おっさん」連呼に田村さんが「40ならオレらより

若いじゃん」というフォローもありましたけど、正直きつかったです。





確かに40歳は「おっさん」と呼ばれるのも当然の年齢ではありますけど、

連呼はね。





終電の時間も気になったので、飲み会の方は自己紹介が終わった後に

抜け出させていただきました。

















どんなイベントでも、「観客」と「出演者」という区切りがあります。



出演者から見ればただの「おっさん」に見えるのは仕方ないとは

思いますが、それを連呼されると何かつらいですね。











『練炭唱歌』 作詞 タムタム。





『練炭ヴゥギ』 作詞 タムタム。







予約 1500円 + 飲食代 700円 計2200円 

登風SP~ノボミン・フォーゼで変身!~

登風SP~ノボミン・フォーゼで変身!~



2009年12月13日(日) 19時00分~21時15分(開場18時30分)



会場:ルミネtheよしもと



出演:はりけ~んず前田



ゲスト:岩男潤子、松来未祐、清水愛、向清太朗(天津)



イベント参加







携帯ナビのコント「OTA TIME」では、登さんが噛みまくり。

あとで言い直す場面あり。







登&天津向のオタ漫才では、同じオタクでも好みが違うのを

ツッコミし合い。













登&潤子のコントでは、岩男さんがプレスリーの格好をして登場。



小林ゆうさんみたいな暴走はありませんが、あの岩男さんがすごい

歌声を披露。











登&未祐の野球コントでは、未祐さんが野球監督としてボケを。



その声のために、ボケが可愛く聞こえたりしました。











登&愛のラジオDJコントでは、愛さんがとぼけたDJを。



さすが何度も登風に出ているだけあって、コントに慣れた感じ。











ゲストのコントが終わったところで声優さんとのトークコーナー。



前田さんが初めて声優さんと一緒に仕事した相手が岩男さんとか。



そのときの岩男さんとの出会いが良かったらしく、それがもとで、

声優さんと一緒に仕事したいと思うようになったとか。











トークのあとに、登&やまけんの漫才。



このコンビ、どんどん腕を上げています。









登&天津向のオタコント、そして最後にゲストとのゲームコーナー。









ジェスチャーゲームでは、2分間で30問正解しないといけないルールで

前田さん、岩男さん、松来さん、清水さんの4人で挑戦。



結局失敗して、前田さんがやまけんのケツバットを食らう。





次の山手線ゲームでは、徐々に膨らんでいく風船を4人で回しながら

アニメ作品のタイトルを答えることに。



未祐さんが手しているところで膨らんだ風船が爆発。



何だかんだで未祐さんの前に風船を持っていた前田さんが悪いと

言うことで、また前田さんがやまけんのケツバットを食らう。







ゲームが終わり、出演者一同が挨拶して終了。











前売 3000円

スペシャルイベント『ぼくたちの わたしたちの 青い花』

「オトナファミ」2009年掘り出しエンタランキング アニメ部門第1位獲得記念

スペシャルイベント『ぼくたちの わたしたちの 青い花』



2009年12月13日(日) 13時00分~15時20分(開場12時30分)



会場:Asagaya/Loft A



ゲスト:儀武ゆう子、高部あい、J.C.STAFF松倉氏、藤津亮太氏



司会:宮昌太郎



イベント参加





わたしが選んだ青い花ベストシーンでは、儀武さんが2話の

あーちゃんとふみちゃんが一緒に寝るシーン、高部さんが8話の

ラストで京子とふみちゃんが泣くシーンを選んでました。



藤津さんは、10話の江ノ島岩屋での杉本先輩とふみちゃん。

展望台から、その岩屋に行くまでの流れが自然でいいとか。



宮さんは、8話の無心庵で杉本先輩にあーちゃんが詰め寄る

シーンで、横を走る江ノ電の音とふたりの会話の間がいいとか。



松倉さんは、オープニングのふたりがクルクル回っているシーン。







ビジュアルコメンタリー、俗に生オーディオコメンタリーでは

一話のBパートが選ばれました。







高部さん的には反省点が多く、やり直したいとか。



あと、映画やドラマの普通の演技と、台本を手に画面を

見ながらのアフレコとの違いに苦労したとか。









最終話鑑賞会では、観ていた儀武さんが感極まって泣いて

しまう場面もあり。



何度観ても、最終話は泣いてしまうそうで。



本当に涙をボロボロと流しているのが印象的でした。













最後のプレゼントコーナーでは、ドリンク1杯につき抽選券1枚

という抽選会がありましたが、それには外れました。



ただ、その他にジャンケンで立て看板をプレゼントというのがあり、

それに勝利して立て看板をいただきました。









そのまま登風に行く予定でしたが、その立て看板が大きかった

ので一度帰宅しました。















入場者全員にプレゼントされたもの。しおりとステッカー、

チラシと志村先生のメッセージペーパー。











前売 1800円 + 飲食代 800円(ドリンク2杯) 計2600円

「青い花」立て看板(店頭用ポップ)。

13日のイベントのプレゼントコーナーで

ジャンケンで勝利していただいたもの。











立て看板の入っているダンボール箱。比較で洗濯機と

並べてみた。





これを持って電車に乗り、自宅まで自分で運びました。











チラシと比較。











ダンボールの中。











組み立ててみた。デカイです。













ちなみにサインは入っていませんでした。





ちょっとは期待したんですけど、贅沢は言えません。

あのイベントに参加できただけでも良かったです。







また、あるといいなぁ…。

Chihiro Yonekura Presents X'mas Party Live 2009

Chihiro Yonekura Presents X'mas Party Live 2009



2009年12月12日(土) 17時30分~21時50分(開場16時30分)



会場:SHIBUYA-AX



出演:米倉千尋



ゲスト:麻倉あきら、石川智晶、石田耀子、鵜島仁文、近江知永、

栗林みな実、サイキックラバー、savage genius、下川みくに、

bless4、松本梨香、美郷あき、桃井はるこ、他







イベント参加







終わってみたら4時間超のライブ。



サンタコスの米倉さんの「WINTER WISH」から始まり、

ゲストの持ち歌、冬の定番曲を米倉さんとゲストがメドレーで

歌ったりとクリスマスパーティーらしい賑やかな内容でした。









いくつかコラボがあったのですが、個人的には石川さん、

麻倉さん、鵜島さん、米倉さんの4人の「ETERNAL WIND

アコースティックバージョン」が良かったです。



ガンダム三十周年、万歳!









それと米倉さんのコスも可愛いかったのですが、栗林さんや

桃井さんのコスも眼福でした。



黒地にピンクのサンタコスの栗林さんは相変わらずセクシー

ですし、絶対領域アリのメイドコスの桃井さんも可愛かったです。







ついでに、鵜島さんの宇宙飛行士の格好も似合ってましたね。











一足早いですけど、本当に楽しいX'masでした。









前売 5500円 + ドリンク代 500円 計6000円

未発表。

今年シナリオを書いたのですが、まだ未発表の作品が
何本かあります。

公式HP等で公表されましたら、ここにも書き込み
します。

できれば、年内に発表されるといいなと思っております。





……その中には二年以上前のシナリオを書き直した作品も
あるのですが、いまだに発売等の情報が……

また二年間、発表されずに埋もれないといいのですが……。







あと、いまのお仕事(作品)が忙しいため、ブログの更新が
滞っております。

ブログが更新されない分、頑張っているんだぞと思って
いただけると幸いです。



『聖痕のクェイサー』試写会当選。

本日8日、『聖痕のクェイサー』第一話試写会の

招待状が届きました。



ブロガー枠にて当選、誠に感謝。





プロモーション映像を見る限り、色んな部分が

揺れ動いてとても期待しております。



喰霊-零-THE NIGHT<2nd>

喰霊-零-THE NIGHT<2nd>



2009年12月7日(月) 19時30分~22時30分(開場18時30分)



会場:Asagaya/Loft A



出演:大将 他。



イベント参加



喰霊ファンの作るファンのためのイベント。



一部が喰霊に関する討論会、二部が事前の行われた

喰霊に関するテストの成績上位者の発表。



あと、Loft A のお約束ということでトークの内容など

は割愛させていただきます。













トークの内容で、ひとつだけ。



テレビ放映時には湯気で見えなくて、DVDではすっきりという

商売方法は、あおきえい監督が始めたようになっているけれど

あれは不可抗力の結果。



某作品で放映の直前にテレビのコードに引っ掛かり、仕方なく

放送時には湯気を。



DVDの売り上げを伸ばすために、故意に隠したわけでは

なかったとのこと。



結果的にDVDではすっきりという商売になってしまった

らしいです。







ドリンク代 1000円



西尾維新アニメプロジェクト 特別試写会

西尾維新アニメプロジェクト 特別試写会



2009年12月7日(月) 14時00分~16時40分(開場13時00分)



会場:ユナイテッド・シネマ豊洲



出演:【化物語】神谷浩史、斎藤千和

 【刀 語】細谷佳正、田村ゆかり、中原麻衣



イベント参加







化物語と刀語の二部構成。







化物語のコーナーでは、神谷さんと斎藤さんのトークと

「超 なでこスネイク 其ノ貮」の上映。



まずは原作者の西尾さんからの挨拶の手紙を斎藤さんが

読み、途中で噛んだので神谷さんに交代。



とても丁寧な手紙でしたが、たくさんの人の前に出るのが

苦手とか。



西尾さんの手紙を読んだ後、神谷さんと斎藤さんがそれぞれの

役を演じるにあたっての感想などのトーク。









そして、「超 なでこスネイク 其ノ貮」の上映。



超とついているのは、テレビ放映版ではなくDVD用に編集中の

映像のため。



何でも、リテイクしたアクションシーンのために、神谷さんが

追加でアフレコしたとか。



まだDVD用の完全版ではないとはいうものの、あの未完成

みたいなテレビ版とは雲泥の差。





個人的には、あのなでこのオープニングを劇場の大画面で

観れたのが良かったです。









刀語のコーナーではキャスト紹介とともに細谷さん、

田村さん、中原さんの登場、トークの後に一話上映。



トークは、キャスト自身がそれぞれのキャラを紹介。



細谷さんは演じる上で、ひとではなく「刀」として育てられた

主人公と他のキャラとの距離感の難しさを。



田村さんは作品の雰囲気が時代劇っぽい堅苦しさよりも意外に

軽快であること、中原さんは台本のセリフに漢字が多くて読めない

漢字が必ず二、三個は出てくることなどをトーク。







トークの後に、刀語の先行上映。





思っていた以上の面白さでした。







ものすごく王道で、テンポが良くて、音楽も

良かったです。







特に田村さんの演じるとがめのツン具合が

素晴らしかったです。







テレビのゴールデンタイムに堂々と放映しても

いいぐらいの作品だと思いました。









暗いけど、入り口にあった刀語の立て看板。













参加費無料

池Pプレゼンツ Vol.6 「エンカレッジ忘年会 with おんたまニア!(仮)」

池Pプレゼンツ Vol.6 「エンカレッジ忘年会 with おんたまニア!(仮)」



2009年12月2日(水) 19時00分~22時30分(開場18時15分)



会場:新宿ロフトプラスワン



出演:前田登(はりけ~んず/【おんたま!】原作)、岩男潤子(【おんたま!】浅見みゆき役)

野島裕史(【おんたま!】田村勇次役)、松来未祐(【おんたま!】小野桃花役)、

小池智史(【おんたま!】キャラデザ)、追崎史敏(【おんたま!】監督)



※出演予定だった佐藤順一(【おんたま!】スーパーバイザー)さんは、多忙のため欠席。



司会:池田東陽



イベント参加







少し余裕をもって会場についたら、開場時間が15分押しに。



とりあえずビルの前で開場時間が来るのを待っていると、

17時48分頃に前田さんが会場に到着。



自分を含め、ビルの前で開場を待っているひとたちに丁寧に

頭を下げながらエレベーターに。



渋谷であったトークイベントで前田さんと同じエレベーターに

乗り合わせたときも、同じようにイベント来場者に頭を下げて

いらっしゃいました。



前田さんの萌えトークも好きですが、こういう来場者にたいして

気を使っていただけるところも尊敬できるかと思います。









さて、イベントは二部構成で、一部が「おんたま!」の本編を

観ながらの出演者による生オーディオコメンタリー、二部が

ゲームコーナーとプレゼントを賭けたジャンケン大会でした。







生オーディオコメンタリーでは、この辺りがヘンタイだとか

笑いながら観ていたのですが最後の方では……。



岩男さんが感極まって涙目になって、あの方も芸人らしからぬ

涙目になって、池田さんももらい泣きする場面があり。







二部では、泣いたことを払拭するような陽気なトークに。



ゲームは、自分の頭についている名札に何が書いてあるのか

当てるゲーム。



池田さんが「佐藤順一」、前田さんが「大原さやか」、岩男さんが

「ガチャピン」、松来さんが「エヴァ初号機」、野島さんが「ヤムチャ」。



最後まで自分の頭の名札に何が書いてあるのか分からなかった

野島さんが罰ゲームとして「青汁」を飲むことに。







ジャンケン大会では、サイン入りポスターとか勝者にプレゼント。







締めの言葉で、みなさんが「おんたま!」に対する想いを語って終了。



どれだけ「おんたま!」がキャストやスタッフに愛されているのかよく分かる

素敵なイベントでした。















チケットの半券と入場者全員に渡されたポストカード。







前売 2000円 + 飲食代 500円 計2500円
カテゴリ
プロフィール

木全伸治

Author:木全伸治







脳卒中の後遺症で左手に麻痺が残っていますが、何とか最近、右手だけでこのブログなど文章が打てるようになってきました。なにか、お仕事のご依頼等ありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

お仕事募集中。

商業、同人問わずお仕事の方
募集しております。脳卒中の後遺症の左半身麻痺という障害持ちなので、多少無理はできないところはありますので、その辺はご了承下さい。

まずは、ご連絡を。

kimatasinzi★kit.hi-ho.ne.jp
 ★を@に変えて送信して下さい。


このブログの内容についてコメント等自由に書き込んで頂いて構いません。ただ、当ブログと一切関係ない宣伝等の書き込みは削除する場合があります。

ペンネーム 木全伸治(きまたしんじ)
(09年以前・木全伸二)

また、個人として創作小説を公開して
います。

サークル淫
個人サークル

竹取奇譚 音声なし 無料配布版
デジタルノベル「竹取奇譚 音声なし版」
無料配布中。


お世話になっているブランド
カトレヤオフィシャルサイト
Cybele
TRYSET
Digital Cute
ソフトサークルCrepe(クレープ)
注)リンク先は18禁作品を扱っておりますので18歳未満の方は閲覧できませんのでご注意下さい。

シナリオを担当した作品のリストについては、下記へ。
http://circlein.h.fc2.com/page1.html




月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード