FC2ブログ

未亡人沙苗「私が初めてでいいの……?」情報!

未亡人沙苗「私が初めてでいいの……?」 初回限定版につきまして、Getchu.com
て予約開始及び情報が公開されています。


この作品の中で、大迫 耀子 (おおさこ ようこ) CV:木梨樹里  のシナリオを担当させ
ていただきました。



おとなの女性です。

Hシーンもエロく仕上げさせていただいたつもりですので、どうかよろしくお願いします。
スポンサーサイト



新作情報!

公式HPにて情報が解禁されましたので。


CATTLEYA(カトレヤ)の新作の 未亡人沙苗「私が初めてでいいの……?」 の
シナリオ(ヒロインのひとり)を担当させていただきました。


発売日は、7月23日(金)です。

公式でも6月4日(金)に作品のHPを公開するみたいです。



詳しいことは、また後日。




なお、上記作品は18禁作品ですので、18歳未満の方は公式HP閲覧及び
作品の購入はできませんのでご了承ください。


横国げんしけん劇場 ひよっち&かめちゃんの「私達の話を聞きなさい!」

横国げんしけん劇場 ひよっち&かめちゃんの「私達の話を聞きなさい!」



2010年5月30日(日) 12時30分~14時00分(開場11時30分)



会場:横浜国立大学中央図書館内メディアホール



出演:日笠陽子(ひよっち)、大亀あすか(かめちゃん)









イベント参加









前日の東大のイベントより、会場が階段上になっていてとても

見やすいホールでした。



ただ、背もたれがないので、その辺りはちょっときつかったかも。









学祭らしく、学生が前説。



録音録画飲食等の禁止など。







ひよっちとかめちゃんが、手をつないでホールの真ん中の階段を

下りて登場。



ひよっちは上着を羽織っていましたが、かめちゃんは暑くなると

思って半そでの可愛いワンピ姿で。



会場内が暑いので、上着を脱ぐひよっち。



会場の声援に応えながら挨拶していると、五分押し。







長テーブルに座って、トークイベント開始。



男性と女性のげんしけんのメンバーの方が司会で進行。







女性の方がイベントの内容を説明しているときに、かめちゃんが

ひよっちの胸に触ってふざける場面も。







最初に自己申告のプロフィール。



最初にかめちゃんが、続いてひよっちが発表。





かめちゃんの年齢はこころの12歳で、ひよっちは24歳(誤魔化しなし)。



かめちゃんの体重は秘密で、ひょっちはリンゴ三個分。



かめちゃんの好きな人や尊敬する人はひょっちで、ひよっちの尊敬する

ひとは三石さん。



ふたりとも嫌いなのが、黒光りするG。



かめちゃんに尊敬されるひとにされて、「愛が重い」というひよっち。











プロフィールの発表の後、事前アンケートでふたりの可愛いところを

集計していて、それの上位五個を自分で当てるクイズに。





特別VTRとして、中村繪里子さんが出演。



ひよっちの可愛いところとして、すごく食べる、黒い格好をすると

魔女みたいと。





特別メッセージとして、音声のみで、若本規夫さん。



かめちゃんの可愛いところとして天真爛漫なところ、大きくなれよと

呪文のようなメッセージ。



1分30秒ほどの長さをお願いしたそうですが、実際は30秒ほど。



ただ30秒でも、若本節は全開。





自分で可愛いところを当てようとするひよっちと、ひよっちに自分の

可愛いところを聞いて当てようとするかめちゃん。





ひよっちの可愛いところ(正解)は、

1.溢れる芸人魂(アンケートの三分の一が芸人と回答)、2.照れ屋なところ、

3.ギャップ萌え、4.てへぺろ、5.時折見せる女の子らしいところ。



かめちゃんの可愛いところ(正解)は、

1.小さくて可愛いところ、2.Sっぽいところ、3.明るく元気なところ、

4.日笠☆LOVEなところ、5.料理の腕前。









お互いのことについてクイズの出し合いに。



最初はブログの名前とか誕生日とか当たり障りの問題でしたが、

ひよっちはかめちゃんに自分の持っている三種のパワーストーン

を答えさせようとしました。



かめちゃんはこたえられなかったのですが、実はひよっちも

どんな種類の石か知らないが正解。





また、かめちゃんの方も、初めてひよっちと一緒に食べにいった

ときに何を食べていたとか、ひよっちと一緒に行きたいところは

どこかなど日笠☆LOVEな質問を。



ひよっちは正解できず、初めて一緒に食べたのはハンバーグで、

一緒に行きたいところはひよの家だそうです。



なかなかひよっちの家に行かせてもらえないとか。



でも、ひよっちも絶対に行かせるかと。



じゃれついてくるかめちゃんを、ひよっちが軽くあしらう感じ。









ひよっちとかめちゃんのふたりで人生相談に。



司会をしていた女性の方が、げんしけんの会長に女度がないと言われ、

どうすれば上がるのかと相談。



そのままでも十分女度があると答えるひよっち。





次の相談は、げんしけんの広報の方。



げんしけんのロゴについて、以前、花澤香菜さんにデザインしてもらって

いたのですが、「げ」だけなので、それに「ん」と「し」を追加することに。



「ん」をひよっちが、「し」をかめちゃんがデザイン。







最後の相談は、某声優さんのマネージャーさん。



最近、何だか芸人さんの出るような「グランドオープン」のイベントに

出て欲しいというオファーが来るとか。



オファーが来るのは嬉しいけれど……。



マネージャーに謝るひよっち。







最後に座席番号を使っての抽選会。



自分は、なにも当たりませんでした。





最後に挨拶して、かめちゃんがひよっちと腕を組んで退場しようとすると

逃げるひよっち。



でも結局、ふたり一緒に退場――――。





学祭の声優さんのイベントは、わきあい合いとしたところがあって

楽しいですね。







ハガキに整理番号が振ってありましたが、その番号がそのまま

座席指定の番号に。



前売振込 1000円

迷い猫オーバーラン!アニメP会議

迷い猫オーバーラン!アニメP会議



2010年5月29日(土) 19時30分 ~22時00分(開場18時30分)



会場:新宿ロフトプラスワン



出演:担当アニメプロデューサー5名~、ほか



公式HP

http://www.patisserie-straycats.com/









イベント参加









ジェネオン、集英社、フロンティアワークス、BS11、クロックワークスの

担当者が登壇。



ただし、クロックワークスの方は、ブレイクブレイドの舞台挨拶の準備が

あるので挨拶して退場。



「にゃ」の掛け声で乾杯。



作品を、1話ごとに振り返る。





最初、各話監督を代えるかわりに、総作画監督を置こうとしたとか。



ただ、各話監督が代わるのに、作画監督が同じなのは難しいと。





あの予告を1話から8話まで一気に上映。



あれはプレスコで、最初に音声だけ撮って、その声に合わせて3D

キャラを動かしているとか。





シークレットゲストとして、伊藤かな恵さんが登場。



かな恵さんの「乾杯にゃ」の掛け声で乾杯。



主題歌を収録するのが大変。



ただ、かな恵さんは三人の中で最初の収録だったので、比較的楽。





アフレコのたびに、その話数の監督とキャストの挨拶と打ち合わせ。



まるで、毎回初めてのアフレコみたいな挨拶をしていたとか。





第四話の大地監督は自分で音響監督もされていて、監督の指導のもと

とてもセリフの量が多くて、相手に被せるように喋らないと大変だったとか。





文乃の決め台詞「二回死ねぇ~」を、かな恵さんが舞台上でナマ披露。



かな恵さんは、そこで退場。









休憩を挟んで、遅れてきたジェネオンのもうひとりのプロデューサーの

中山さんが到着。



直前まで最終話のダビング(編集)作業をしていたとか。



第七話の話を――――、第七話だけは、それに合わせてBGMを

すべて作ったとか。



OP曲を特別に作り、最初はEDまでは作らない予定だったのに、尺の

関係で必要になって作ってしまったとか。







第七話の苦労話をした後、DVD第一巻の特典映像を上映。



かなり面白いです、本編より好きかも。







特別ゲストに原作者兼シリーズ構成、松智洋さんが登壇。



12話なのに、24話分の構成(ネタ)を作ったとか。



そこからピックアップするようにして、12話構成に。



その中に「ロボット」のネタもあった。



ただ、構成(ネタ)で書いたものとは、ちょっと違っていたとか。





あと、キャラのオーディオコメンタリーについて、松智洋さんも

書いていますが、西尾維新さんは凄いと。





フロンティアワークスの木村さんが飲みすぎて、本番中に何度か

トイレに。





特製Tシャツの抽選会があり、ただし、自分は外れ。



最後に全員が挨拶して終了。









やはり、ロフトのトークイベントは面白いですね。















入場時にいただいたA3ポスター。





プロローグ、試し読み。





レシートとツーオーダー目からもらえる抽選券。





前売 1500円 + 飲食代 1100円 計2600円

木原浩勝プロデュース 大怪獣サミット11 特撮自衛隊まつり

木原浩勝プロデュース 大怪獣サミット11 特撮自衛隊まつり



2010年5月29日(土) 13時00分~17時00分(開場12時00分)



会場:新宿ロフトプラスワン



出演:木原浩勝(作家)、中村哲(特撮ライター)、株式会社キャスト社員



ゲスト:手塚昌明(特生自衛隊DNA保管所員)









イベント参加









前のイベントの都合で2時頃会場に到着、途中参加。







加藤茂雄さんが登壇。



映画会社の俳優のBチームにいて、たくさんの映画のモブ役として活躍。



ゴジラなどの特撮映画にも多数出演。



85歳ながら、漁師として網で漁をし、いまだに役者としても舞台に立ったり

しているそうです。



モブ役とは言っても、主役のひとのまわりにいたり、ちゃんとセリフがあったり

町のエキストラ(一般の方)を指導したりするとか。







シークレットゲストの友井雄亮さん(『ゴジラ×メカゴジラ』葉山進役)が登場。





休憩になり、物販開始。



ポスターなどを買うとサインがもらえるのですが、予算の都合で物販には

手を出さず。





休憩が終わり、トーク再開。



加藤さんは雑誌の取材があるということで退場。



友井さんを中心に、平成ゴジラの撮影の苦労話を。



撮影用のコクピットは、とても狭くて暑かったとか。







ゲストとして、原口智生さんが登壇。



原口さん監督作品、怪獣映画「デスガッパ」の予告上映。



予算3500万円、おまけに日本向けと海外向け(アメリカ向け)に

2パターンを撮影したとか。





「デスガッパ」の宣伝も兼ねて、今度は「デスガッパ」を中心とした

イベントを開催しないかと、その場で持ちかける木原さん。



驚きつつも、承諾する原口さん。





キャストの次の商品の告知などがあってイベントは終了。





――――ゴジラ、復活して欲しいですね。













撮影可ということで、休憩中、携帯で撮影させていただきました。

















レシートと入場・物販整理券と入場者全員プレゼントの抗核

エネルギーバクテリア弾。





前売予約 1000円 + 飲食代 500円 計1500円

キミとエミリと五月祭

キミとエミリと五月祭



2010年5月29日(土) 12時00分~13時10分(集合11時15分)



会場:東京大学本郷キャンパス



出演:加藤英美里









イベント参加









学生の方の司会で進行。



英美里さんは、学祭のイベントに出演するのは初。



東大の赤門も遠目ですが、初めて見たと。





主な出演作の話。





「出ましたっ!パワパフガールズZ」の赤堤ももこ役で

毎回違う必殺技を叫ぶのが大変。



台本には必殺技としか書いてなくて、お菓子の名前とか

参考にしてアドリブで叫んでいたそうです。





「らき☆すた」の柊かがみ役では、たくさんのイベントに出演、

まさか武道館にまで立つとは思っていなかったそうです。





「化物語」の八九寺真宵役のオーディションでは、「かみました」

のセリフがあり、本気で噛んだとか。









事前に募集した質問に答える英美里さん。





梅雨の日の過ごし方は、ほぼ家にいて、昼ドラを見ているか、

ゲームをしているか、DVDを観ている。



歌が上手くなる方法を質問され、とりあえず、リラックス。



喉の体調管理については、部屋の中に空気清浄機や加湿器を

ベットの周りに置いて気をつけている。



学生時代の思い出では、女子校でみんな仲が良くて楽しかった。



ツィッターについては、ブログよりも気楽に書き込めていい。



はまっているTVは、「あらびき団」「マツコの部屋」。



学園祭で食べてみたいものは、チョコバナナ。







ミニライブは、三曲。

「笑顔のかたち」

「2nd.Season」

「あしたのうた」





抽選会で、サイン入り絵はがきとかプレゼント。







時間は短かったですけど、英美里さんの魅力は十分に

楽しめたと思います。









小冊子(パンフレット・コピー誌)





招待状と交換でいただいた座席指定券。





参加費無料

340スズキ♪presents 「歌祭13~きただにひろしの巻~」

340スズキ♪presents 「歌祭13~きただにひろしの巻~」



2010年5月28日(金) 19時30分~22時00分(開場18時30分)



会場:Naked Loft



出演:きただにひろし



構成・司会:鈴木美潮







イベント参加









前説

佐藤健太(『高速戦隊ターボレンジャー』レッドターボ)

 『高速戦隊ターボレンジャー』(『高速戦隊ターボレンジャー』OP)



いいんだよグリーンだよ・兄

 『ウィーアー!』(『ONE PIECE』OP)



佐藤健太

 『ガッチャ☆ゴセイジャー』(『天装戦隊ゴセイジャー』ED)

※OPはキーが高いので喉がきついとか。











きただにひろしさんと鈴木美潮さん登場。



トークの合間に歌。





※特撮・アニメはワンコーラス(OP・EDサイズ)。



きただにひろし

一部

 『電撃戦隊チェンジマン』(『電撃戦隊チェンジマン』OP)

 『秘密戦隊ゴレンジャー』(『秘密戦隊ゴレンジャー』OP)

 『おれは怪物くんだ』(『怪物くん』モノクロ版・OP)

 『酒よ』

 『星降る街角』



休憩



二部

 『高速戦隊ターボレンジャー』(『高速戦隊ターボレンジャー』OP)

 『ウルトラマンガイア!』(『ウルトラマンガイア』OP)

 『君の青春は輝いているか』(『超人機メタルダー』OP)

 『ぼくらのバロム・1』(『バロム・1』OP)

 『キャンディ♥キャンディ』(『キャンディ♥キャンディ』OP)



抽選会



 『魔弾戦記リュウケンドー』(『魔弾戦記リュウケンドー』OP)

 『トラベリオン・ゴー!』(『魔法戦隊マジレンジャー』イメージソング )

 『レスキュー体操』(『トミカヒーロー レスキューファイアー』ED)

 

ふれあい会(サイン会&撮影会)











まずは、きただにさんの子供の頃の話。



海に潜ってウニやアワビを取って、おかずにしていたとか。



お風呂は五右衛門風呂で、風呂釜の煙突が破れていて火の粉を

避けながら入浴していたとか。









子供の頃はすごく太っていて、ロックと出会い、ロッカーらしい格好をしようと

痩せようと努力したそうです。



ただ、一番効果があったのは、お酒で身体の調子を壊したことだとか。









学生の頃にバンドを組み、東京にはギター一本とアンプだけを

持って出てきたとか。



東京で、役者さんや同じようにバンド活動しているひとたちがいる

居酒屋でバイト。



そこで身につけた料理の腕前を披露。



大根のサラダをその場で作って、会場のお客さんに少しづつ振る舞って

いただきました。









休憩のあとは、デビューから最近の話。



バンド活動をしていたとき、田中公平先生を紹介され、最初はデモとして

「ウィーアー!」を歌ったとか。



ところがそれが通って、そのままきただにさんが歌うことになったそうです。





で、バンドとどっちを取るかということになり、面倒臭くなっていまに至った

そうです。





お酒の話と、例の新幹線騒動のことも少し。





新幹線騒動については、きただにさんはほとんど覚えていないとか。



酔っていて気がついたら、地元の在来線の駅で寝ていたとか。





お酒を飲んで、大怪我した話もいくつか。



きただにさんは酒に酔い、いつの間にか大宮の病院のベットで寝ていた

ことがあったと。



酔っていて記憶がなく、車に轢かれたのか鈍器で殴られたのか不明で、

とにかく頭がぱっくり割れていたそうです。



あと、クラブで酔ってこけて、顎の骨が見えるくらい裂けたのに、泥酔して

いるせいで、血を流しながらそのまま飲み続けたそうです。







すっぽんを飼っていて、名前は『とろろ』。



糸ミミズを食べる姿が、とても可愛いそうです。







きただにさんは、8月のバースディーライブを告知。



歌祭14の告知――――、きただにさんの紹介で、次回のゲストは

五条真由美さん。





次回も都合がつけば行きたいと思います。

























抽選券と宮崎県への募金(300円)でもらえた缶バッチ。



抽選券は見事に外れました。



前売 2000円 + 飲食代 900円 計2900円

具なし味噌煮込みうどん。

100526_2147~0001

100526_1800~0001

実家から送ってもらった地元の味、味噌煮込みうどん。

具はなしで、生卵のみトッピング。






最近、実家の仕送りで辛うじて生きている生活。






色々と厳しいです――――。

長島☆自演乙☆雄一郎 × 桃井はるこトークライブ『とある桃井の超自演砲Vol.1~自演のチカラ2010~』

長島☆自演乙☆雄一郎 × 桃井はるこトークライブ

『とある桃井の超自演砲Vol.1~自演のチカラ2010~』



2010年5月25日(火) 20時00分~23時50分(開場18時30分)



会場:Asagaya/Loft A



出演:長島☆自演乙☆雄一郎(K-1コスプレファイター)

桃井はるこ(シンガーソングライター・声優・ネ申)









イベント参加











終わってみたら、深夜十二時近く。



終電を諦め、近くのマンガ喫茶で始発が動くまで退避。



とても楽しいトークライブでしたが、ちょっと終わる時間が遅すぎ。



その点が、少し残念でした。















ふたりとも、コスプレして登場。



フェイリス・ニャンニャンみたいな格好をした桃井さんと、「バカとテストと召喚獣」

の優子の制服を着た秀吉のコスプレをした自演乙さん。



このタイトルは自演乙さんが考え、ブログ等に上がっているロゴは桃井さんが

ジェネレーターで作成したとか。



会場にコスプレされていた方が三人ほどいらして、その方たちを壇上に上げて

一緒に乾杯の挨拶。



自演乙さんの優勝を祝して、まず乾杯。



続いて、桃井さんの十周年を記念して乾杯。









自演乙さんは、十周年の桃井さんのために花束を用意していて、それを

プレゼント。









トークが始まり、自演乙さんの東京での優勝祝賀会の話になると桃井さんから

ダメだし。



ああいう真面目な席では、ぴっちりとしたスーツで出るべきだと。



ふだんおちゃらけていても、決めるときにきちっと決めていれば周囲の評価も

上がると。





祝賀会に招待された桃井さんは、きちんとドレス。



関係者の方にも、事前に大きなホテルでやるので等、念を押されの正装。



実はその祝賀会のドッキリで、いきなりスピーチを指名される桃井さん。



驚きつつも、見事にスピーチをこなした桃井さん。



正装の念押しは、このドッキリの伏線だったとか。



けど、そのドッキリにはもうひとりの被害者がいて、ニトロの広報、ジョイさんも

いきなり指名されてスピーチを。



桃井さんのようにはいかず、緊張してガチガチのスピーチに。



あれはやりすぎたと反省する自演乙さん。







優勝のお祝いのメールを自演乙さんに送ったけれど、4日間ほど返事が

来なかったことを話す桃井さん。



たくさんのお祝いメールが届いて、それに埋もれてしまって自演乙さんは

気づかなかったとか。



ただ、それを見越した志倉千代丸さんは、すぐに送らずに少し時間を開けて

メールを送り、自演乙さんもそれにはきちんと返事を出したとか。









桃井さんとの初めての出会いから、入場曲「☆自演乙☆ソング」ができる

までの話。



自演乙さんが桃井さんのファンで、とあるイベントでご挨拶。



桃井さんも格闘技が好きで、初めは招待ではなく自腹で自演乙さんの

試合を観戦。



次第に親しくなって、桃井さんの方から曲を作ることを提案したとか。







ただ、話の流れは連敗中のネガティブな内容に。







ちょうど「☆自演乙☆ソング」を使い始めた頃から連敗が始まり、桃井さんは

自分の作った曲が縁起が悪かったのかと思い、逆に自演乙さんはせっかく

曲を作ってもらったのに連敗して申し訳ないと思っていたとか。









時間が来て、ネットでの生放送が終了。



ネットの中継が終わったので、一気にくだけた感じになる自演乙さん。



……まさかあそこで、TMAの「軽音部!」のパッケージが登場するとは。



試合の内容を収録したDVDを、そのパッケージに入れて持ってきた自演乙さん。









TMAの「軽音部!」のすばらしさを熱く語る自演乙さん。



確かにTMAのレベルは、すごいと思います。









あの優勝した3KOの試合の内容を、本人の解説で振り返る。



会場にいた久保優太さん(K-1 WORLD MAX 2010 -63kg Japan Tournament

1st Round 出場)も、自演乙さんに呼ばれて登壇。



一緒に試合の解説を。







試合の解説が終わり、一旦休憩。



この時点で、だいたい十時半ぐらい。





お色直ししたふたり。





打ち合わせしたわけではないけれど、ふたりとも白っぽい衣装に。



桃井さんは白い可愛らしい衣装で、自演乙さんのは優勝記念にトレーニングジムの

方からいただいたシルバーウルフ(ジムの名前)の文字入り白いトレーニングウェア。



会場から事前にアンケート用紙を集めていたので、そこに書かれていた質問等に

応えるおふたり。







自分はこの辺りで抜けようかと思ったのですが、自分の書いた質問が読まれ

つい残ってしまいました。



ちなみにすごくベタな質問で、お互いの長所と短所を――――。



言いづらそうな自演乙さんが素敵でした。



確かに尊敬している方の短所とか言いづらいですよね。







お店の限界時間が迫り、前日に桃井さんが夜遅くまでかけて作った「☆自演乙☆ソング」

に続く第二弾の新曲(デモ・ワンコーラス)を披露。



しかも二曲――――。



二曲とも自演乙さんが気に入り、二曲とも本格的に作成決定。







弾き語りのコーナーに入り、アンケートのリクエストに応える桃井さん。



『SEVEN DAYS WAR』(ぼくらの七日間戦争)



『キックの鬼』がリクエストですが知らなくて、自演乙さんが知っている

『空手バカ一代』を桃井さんの伴奏で、自演乙さんが歌唱。



『Mail Me』(デビュー曲)





「☆自演乙☆ソング」改を桃井さんの伴奏、自演乙さんの歌。





最後に挨拶して終了――――。









本当に楽しかったんですけど、いっそオールナイトかもう少し

早い時間に開演して、11時前には終わって欲しかったです。













当日限定メニュー「クレイジーなねぎま焼き鳥」



クレイジーソルトで味つけされた焼き鳥。





当日限定メニュー「乙、モモーイのウルトラオレンジ」



オレンジジュースにリング状になるルミカライト付き。





前売 3000円 + 飲食代 1400円 計4400円

ミルキィホームズ探偵学院ホームルーム

ミルキィホームズ探偵学院ホームルーム



2010年5月22日(土) 19時30分 ~22時00分(開場18時30分)



会場:新宿ロフトプラスワン



出演:ミルキィホームズ(三森すずこ、橘田いずみ、徳井青空、佐々木未来)

南條愛乃(明智小衣役) 他



公式HP

http://milky-holmes.com/









イベント参加











入場するときにはクリアファイルのプレゼントがあって、退場するときにはCD

発売告知ポスターなどのプレゼントと、ミルキィホームズひとりひとりから特製

名刺の手渡しプレゼント。



とても近くて、とても素敵なイベントでした。



ゲームとかアニメとかが本格的に始動したら、こんなに近くで彼女たちを見るのは

難しくなるのかも――――。



人気が出て欲しいところですが、そうなると距離が遠くなるわけで……。



できればロフトプラスワンで、また同じようなイベントをやって欲しいですね。

















入場時にいただいたクリアファイル。





クリアファイルと一緒にいただいたチラシ。



チラシとクリアファイルは、出来立て。





チラシの裏。





退場時にいただいたもの。





四人ひとりづつから手渡してもらった特製名刺。













アニカンのミルキィホームズの特集ページ。





ニコニコ生放送が終わった後にジャンケン大会があり、そのときサイン入りの

ポラのプレゼントあり。



ひとり一枚づつ。



そのポラは、アニカンの撮影のときに撮ったものだとか。



アニカンでもプレゼントがありますが、ジャンケン大会の賞品もそれと似たような

ポラだと思います。









ニコニコ生放送の後、ジャンケン大会の他にミルキィホームズで一曲ライブ。



ブシロード社歌「熱風海陸ブシロード~熱き咆哮~」、木谷社長のセリフあり。







ライブが終了すると、ミルキィホームズのお見送り&名刺手渡しで退場。





退場する最後の最後まで、サービスにあふれていました。







退場時にいただいたCD販売告知ポスター。





前売 1000円 + ドリンク代 500円 計1500円

ヒーロークロスライン チャリティトークショー ヒーロークロス・トーク!

ヒーロークロスライン チャリティトークショー ヒーロークロス・トーク!



2010年5月21日(金) 19時30分 ~22時50分(開場18時30分)



会場:新宿ロフトプラスワン



出演:村枝賢一 「Z-END」

 (代表作 仮面ライダーSPIRITS 、俺たちのフィールド他)

七月鏡一 「VOID」

 (代表作 JESUS砂塵航路、ARMS他)

たかしげ宙 「ALCBANE」、「クランド」

 (代表作 スプリガン、死がふたりを分かつまで他) 他







イベント参加







公式HP

http://www.heroxline.com/

















当日の特別メニューのひとつ「セイル」(お魚ソーセージ)。





Z-END。



ヒーローの撮影は自由でしたが、手ブレ気味ですみません。





ネクロマンとアルクベイン。





















当日配布されたパンフレット。













当日の特別メニュー。



特別メニューを頼むと、作家さん書き下ろしコースターが

ランダムに一枚プレゼント。





当日の進行内容(プログラム)。





プログラムにはありませんが、コスモXの原作者、関智一さんからの

ビデオメッセージあり。



忙しくて参加できず。



コスモXのスーツは、もう十年くらい使ってもとを取っているので、

マスクだけ記念に返していただければ、派手に使っていただいても

構わないとか。





桜木町で行われたヒーローショーの映像を上映。



そのヒーローショーのリハーサル風景も上映。







制作されたVOIDのマスクも当日公開。













特別メニュー「セイル」を注文してもらえたコースター。





入場時にもらえた缶バッジ。



前売 2000円 + 飲食代 800円 計2800円

映画「プランゼット」公開記念・粟津順監督スペシャルセミナー~「進化する新時代特撮」映画公開までの道のり~

映画「プランゼット」公開記念・粟津順監督スペシャルセミナー

~「進化する新時代特撮」映画公開までの道のり~



2010年5月19日(水) 19時00分 ~20時50分(開場18時45分)



会場:デジタルハリウッド東京本校 1Fセミナールーム



出演:粟津順監督(『惑星大怪獣ネガドン』監督、『ゴジラ×メカゴジラ』、

『仮面ライダー555』VFXアーティスト)









イベント参加









「プランゼット」公式HP

http://www.planzet.jp/







デジタルハリウッドの講師の方が司会で、監督に質問をぶつけていく

感じのトークイベントでした。



ちょっと、司会の講師の方のトークの回し方が下手だったかも――――。



それなりに貴重なお話は聞けた感じです。











最初に監督のプロフィールを紹介。



続いて、新作『プランゼット』の予告上映。







学生時代の話では、中間課題と卒業課題として前後編で作成した

『大怪鳥マガラ襲来』と『マガラ撃滅大決戦』を上映。



当時はCGばかりを熱心にやっていた。



マガラを作ったのは、怪獣映画が好きだったからと。







『惑星大怪獣ネガドン』の予告上映。





ネガトン時代の話では、粟津フィルターの解説。



粟津フィルターとは、CG画像を古いフィルムみたいな画像にすること。



画像に汚れなどを入れる段階を説明。









『プランゼット』のもうひとつの予告(セリフあり.Vr)を上映。



プランゼット時代では、前作ネガドンとは違って、百人ほどのスタッフが

関わっているとか。



キャラの動きにはモーションキャプターを使い、舞台俳優さんにお芝居を

お願いした。



モーションキャプター専門のアクターではないので、事前に演技の練習を

していたとか。









最後に来場者やツイッターからの質問に答える監督。



学生時代に作ったマガラは、前後編の制作に各3ケ月づつかかって

いるとか。



今後も、まだCGには可能性があるので、CGを続けて行くとか。









最後に22日公開の『プランゼット』を宣伝。



DVD発売時には、『プランゼット』メイキングセミナーも行うとか――――。









監督が退場して、セミナーは終了。









ん~……、司会の講師の方がもう少しお上手だと、もっと面白い制作秘話が

聞けそうな感じでした。



















参加費無料

多忙につき書き込みせず。

お仕事させていただいているのですが、まだ公式に発表できるものが
ありません。



従いまして、もうしばらく何も書き込みをしないかもしれません。



何か公表できることがありましたら書き込みます。





とりあえず、頑張って次の新作シナリオを書いております。



ANIMAX MUSIX “Day2 Fan Selection”

ANIMAX MUSIX “Day2 Fan Selection”



2010年5月16日(日) 17時00分 ~20時30分(開場16時00分)



会場:JCBホール



出演:May’n 、SCANDAL 、ELISA 、Mizca 、飛蘭 、喜多修平 、佐咲紗花



16日(日)のみ出演(ゲストアーティスト):高橋洋子









イベント参加









May'nさんと飛蘭さんのShangri-La、カッコよかったです。



ELISAさんが途中で声を詰まらせていましたが、やっぱりあの歌って

かなり高音で難しいんでしょうね。



高橋洋子さんの生歌も、大変素敵でした。









※記憶を頼りに書いていますので、覚え間違えていたらごめんなさい。





飛蘭(フェイラン)

 Dark Side of the Light (『喰霊-零-』挿入歌)

 Errand  (『聖痕のクェイサー』OP)



喜多修平

 Secret Garden  (PSP『乙女的恋革命★ラブレボ!! Portable』OP)

 一斉の声 (『夏目友人帳』OP)



佐咲紗花

 Lucky☆Racer (『らっきー☆れーさー』OP)

 Real Star☆ (『らっきー☆れーさー』ED)

 ※ワンコーラスづつで、OP・EDメドレー。



Mizca(ミツカ)

 last cross (エレクトロ.Vr)(『家庭教師ヒットマンREBORN!』OP)

 ダメよ (新曲)



ELISA(エリサ)

 euphoric field (『ef - a tale of memories.』OP)

 Real Force (『とある科学の超電磁砲』ED)





MC:喜屋武 ちあき(きゃん ちあき)

自己紹介とイベント限定商品の紹介。



Fan Selection(ネットによる一般応募の歌って欲しい曲)の説明。







SCANDAL(スキャンダル)

 Rock'n' Roll High School(出囃子)

 DOLL

 KOSHI-TANTAN (『ルー=ガルー 忌避すべき狼』挿入歌)

 太陽と君が描くSTORY





Fan Selection(ネットによる一般応募の歌って欲しい曲)



SCANDAL(スキャンダル)

 タッチ (『タッチ』OP)



SCANDAL × ELISA

 瞬間センチメンタル (『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』ED)



May'n × 飛蘭

 Shangri-La (『蒼穹のファフナー』OP)



May'n

 JAP (『戦国BASARA』OP)

 モノクロのキス (『黒執事』OP)



ELISA × 佐咲紗花

 トライアングラー (『マクロスF』OP)



喜多修平

 ペガサス幻想 (『聖闘士星矢』OP)



Mizca

 only my railgun (『とある科学の超電磁砲』OP)



飛蘭

 Don't say "lazy" (『けいおん!』 ED)





MC:喜屋武 ちあき(きゃん ちあき)

Fan Selection(ネットによる一般応募の歌って欲しい曲)コーナーを

振り返っての感想。





高橋洋子

 残酷な天使のテーゼ (『新世紀エヴァンゲリオン』OP)

 FLY ME TO THE MOON (『新世紀エヴァンゲリオン』ED)

 炎のたからもの (『ルパン三世 カリオストロの城』主題歌)

 魂のルフラン (『新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 DEATH & REBIRTH シト新生』主題歌)



May'n

 GetReady

 キミシニタモウコトナカレ (『シャングリ・ラ』OP)

 愛は降る星のごとく (『三国演義』ED)

 ライオン  (『マクロスF』OP)

 ユニバーサル・バニー (劇場版『マクロスF 虚空歌姫 ~イツワリノウタヒメ~』主題歌)

 Ready Go! (『オオカミさんと七人の仲間 たち』OP)







出演者が全員ステージに。





最後に出演者がひとことづつご挨拶。



※高橋洋子さんは、最初の紹介と最後の挨拶には出ず。





サイン入りTシャツを3名に抽選でプレゼント。



最後に全員でThe Galaxy Express 999(劇場版『銀河鉄道999』主題歌)

を歌って終了。





本日もアンケートに応えたのでステッカーが2枚に。











前売 2days指定(二日間通し券) 9800円

ANIMAX MUSIX “Day1 Artist Selection”

ANIMAX MUSIX “Day1 Artist Selection”



2010年5月15日(土) 18時00分 ~21時20分(開場17時00分)



会場:JCBホール



出演:May’n 、SCANDAL 、ELISA 、Mizca 、飛蘭 、喜多修平 、佐咲紗花



15日(土)のみ出演(ゲストアーティスト):AKINO from bless4









イベント参加









AKINO from bless4 の「マジンガーZ」がカッコよかったです。



ELISAと飛蘭による「Paradise Lost」も素敵でした。







Artist Selection(出演者による選曲)が、かなり良かったですね。















※記憶を頼りに書いていますので、覚え間違えていたらごめんなさい。





ELISA

 Wonder Wind (『ハヤテのごとく!!』(第2期) OP)

 Dear My Friend -まだ見ぬ未来へ- (『とある科学の超電磁砲』ED)



喜多修平

 Breakin' through (『ペルソナ トリニティ・ソウル』OP)

 君の手 僕の手 (PSP『乙女的恋革命★ラブレボ!! Portable』ED)



佐咲紗花

 星彩のRipieno(『戦う司書 The Book of Bantorra』OP)



飛蘭(フェイラン)

 mind as Judgment (『CANAAN』OP)

 I sing by my soul (ノンタイアップ・2ndシングル)



Mizca(ミツカ)

 last cross (『家庭教師ヒットマンREBORN!』OP)

 Hana (『BLUE DRAGON』ED)



AKINO from bless4

 創聖のアクエリオン (『創聖のアクエリオン』OP)

 スティッチ・イズ・カミング (『スティッチ!』ED)

 Go Tight! (『創聖のアクエリオン』OP) 他







MC:喜屋武 ちあき(きゃん ちあき)

ステージのセッティング(SCANDALのドラムなど)の場つなぎ。



イベント限定商品の紹介。









SCANDAL(スキャンダル)

 SCANDALのテーマ

 KOSHI-TANTAN (『ルー=ガルー 忌避すべき狼』挿入歌)

 太陽と君が描くSTORY





Artist Selection (出演者自身が選曲した楽曲)



SCANDAL

 はじめてのチュウ (『キテレツ大百科』OP・ED)



SCANDAL × Mizca

 少女S (『BLEACH』OP)



May’n ×  AKINO

 輪舞-revolution (『少女革命ウテナ』OP)



May’n

 ヘミソフィア (『ラーゼフォン』OP)

 God knows... (『涼宮ハルヒの憂鬱』挿入歌)



ELISA

 アンインストール (『ぼくらの』OP)



飛蘭

 光の旋律 (『ソ・ラ・ノ・ヲ・ ト』OP)



Mizca

 真実の詩 (『犬夜叉』ED)



AKINO from bless4

 もののけ姫 (『もののけ姫』主題歌)

 マジンガーZ (『マジンガーZ』OP)



喜多修平 × 佐咲紗花

 What's Up Guys? (『爆れつハンター』OP)



ELISA × 飛蘭

 Paradise Lost (『喰霊-零-』OP)









MC:喜屋武 ちあき(きゃん ちあき)

Artist Selection (出演者自身が選曲した楽曲)コーナーを

振り返っての感想。







May’n 

 Welcome To My FanClub's Night!(Sheryl On Stage)

 パラノイア

 愛は降る星のごとく (『三国演義』ED)

 オベリスク (『劇場版 マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~』ミニアルバム)

 射手座☆午後九時 Don't be late (『マクロスF』挿入歌)

 Ready Go! (『オオカミさんと七人の仲間 たち』OP)







出演者が全員ステージに。



サイン入りTシャツを3名に抽選でプレゼント。



最後に出演者がひとことづつ語って終了。









アンケート用紙に記入して提出すると、引き換えに

もられるステッカー。



大きいです。





A4サイズのチラシとステッカーの比較。



次回、11月3日(祝)横浜アリーナ開催決定。







その他のチラシ。









前売 2days指定(二日間通し券) 9800円

乙女企画クロジ第9回公演『エ ン ガ ワ ノ ク ラ ゲ』

乙女企画クロジ第9回公演『エ ン ガ ワ ノ ク ラ ゲ』



2010年5月14日(金) 14時00分 ~16時00分(開場13時30分)



会場:新宿SPACE107



演出・作:森 悠



出演:能登麻美子(大沢事務所)、武藤啓太

波多野和俊(カレイドスコープ)、藤波瞬平

中津川朋広(オフィス松田)

福圓美里(シグマ・セブン)、松崎亜希子



友情出演:門脇舞以(カレイドスコープ)



STAFF:舞台監督・松本 翠、音響・佐藤春平

音響操作・野中祐里、照明・冨田まゆみ(東京舞台照明)

舞台美術・吉野章弘、制作・松島瑞江(エムキチビート)

宣伝美術・SHIRONAGASU WORKS

企画・製作・乙女企画クロジ☆事務局









イベント参加









初日に続いて、二日目の昼の部も観劇。



しかも、最前列(A列)。



初日はC列でそれほど悪くはなかったんですが、

やっぱり最前列だと役者さんが近くていいですね。









ステージに一軒家のセットがあり、丘の上の家という設定なので、

その家に続く丘の道がステージの前に組まれていました。



基本的には一軒家の方でお芝居が行われるのですが、ときどき

その丘の道を登ったり降りたりするという演出で、役者さんがその

道を歩くのですが、それが最前列に近くて良かったです。



というか、あんなに近くで能登さんや門脇さんを見たのは始めて

かも――――。









初日もそうだったんですが、最後の方の能登さんの演技には、

引き込まれるものがありました。



お話の展開もオチも分かっているのですが、最後の展開は二度

見ても面白かったです。



最後の方の能登さんと門脇さんの絡ませ方も、いかにも小劇場の

お芝居って感じがして良かったです。







とにかく、良かったです。













前売 3800円

乙女企画クロジ第9回公演『エ ン ガ ワ ノ ク ラ ゲ』

乙女企画クロジ第9回公演『エ ン ガ ワ ノ ク ラ ゲ』



2010年5月13日(木) 19時00分 ~21時00分(開場18時30分)



会場:新宿SPACE107



演出・作:森 悠



出演:能登麻美子(大沢事務所)、武藤啓太

波多野和俊(カレイドスコープ)、藤波瞬平

中津川朋広(オフィス松田)

福圓美里(シグマ・セブン)、松崎亜希子



友情出演:門脇舞以(カレイドスコープ)



STAFF:舞台監督・松本 翠、音響・佐藤春平

音響操作・野中祐里、照明・冨田まゆみ(東京舞台照明)

舞台美術・吉野章弘、制作・松島瑞江(エムキチビート)

宣伝美術・SHIRONAGASU WORKS

企画・製作・乙女企画クロジ☆事務局







イベント参加









とても素晴らしいお芝居でした。



過去と現在が折り重なり、それが最後に収束する。



単純なハッピーエンドではなく、ちょっと大人な結末。



面白かったです。









過去と現在を別々の役者さんが演じる。



能登さんが若い未亡人役で、門脇さんがその未亡人の

十二年前の少女役。



その配役も見事でした。







小劇場ならではの演出と役者さんたちの演技。



特に能登さんの演技が、とても良かったです。









べた褒めですけど、それぐらいいいお芝居でした。





















チラシ。











前売 3800円

「宇宙ショーへようこそ」プレミア試写会

「宇宙ショーへようこそ」プレミア試写会



2010年5月12日(水) 18時30分 ~21時00分(開場18時00分)



会場:スペースFS汐留









イベント参加









観てきました、「宇宙ショーへようこそ」。



上映時間、2時間16分。









犬! カッコいいよ、犬!!



――――でも、ロリコン。



おまけに声が藤原啓治さん!









あと、犬の他にインクちゃんが可愛かったです。



いえ、ロリ的な可愛いという意味ではなく、ヒロインとも言える

活躍をしてくれるので。











作品全体の雰囲気は、宇宙版「かみちゅ」です。



「かみちゅ」を観たことない方は、公開前に観ておくことをオススメします。



あれも、いいアニメです。



あのアニメの雰囲気が嫌いな方には、退屈な作品かもしれません。



自分は、あの雰囲気は大好きですけどね。









当日はアニプレックスの方の司会で、特別に舛成監督と落越プロデューサーが

上映前に挨拶。



監督は、2回も公開時期を延ばしたことを陳謝。



プロデューサーは、20人ほどに「宇宙ショーへようこそ」は面白かったと

伝えて欲しいと。



あと、ドイツの子供や大人の方たちには大人気だったと――――。









あまりネタバレしないで欲しいということだったので、細かい映画の内容は

割愛しますが、出てくる少年少女たちがとっても純粋でまっすぐで……、



40歳を過ぎて「オタク」をしている人間には、ちょっと眩しかったですね。







展示されていたパネル。





























できたばかりのチラシだとか。





来場者に配られたプレス用の資料。







参加費無料

カレーラムネを飲みました。

そちたちvol.11の抽選会で当たったカレーラムネを飲みました。



ちゃんと冷蔵庫で冷やして――――。









味は、微妙でした。



もっとカレーの味でもするかと思ったのですか、普通のラムネに

ちょっと粉っぽいものが混じった感じ。









激マズではないですけど、美味くもなかったです。





.hack//LiVE 劇奏

.hack//LiVE 劇奏



2010年5月9日(日)【昼公演】 14時00分~ 16時50分(開場13時00分)



会場:ゆうぽうとホール



※昼公演・夜公演の出演者は共通



出演声優:三瓶由布子(『.hack//Link』九竜トキオ役)、 小清水亜美(『.hack//Link』天城彩花役)

杉田智和(『.hack//Link』フリューゲル役)、

斎賀みつき(『.hack//SIGN』司役、『.hack//』エルク役、『.hack//G.U.』エンデュランス役)

相田さやか(『.hack//』カイト役) 櫻井孝宏(『.hack//Roots』『.hack//G.U』ハセヲ役.)

浅野真澄(『.hack//』ブラックローズ役、『.hack//G.U.』揺光役)



出演アーティスト:FictionJunction [梶浦由記/KAORI/KEIKO/WAKANA/YURIKO KAIDA]

FictionJunction YUUKA、LieN -リアン- [三谷朋世/福田考代]



出演プロジェクト関係者:『.hack』シリーズチーフプロデューサー・内山大輔(バンダイナムコゲームス)

『.hack』シリーズディレクター・松山 洋 (サイバーコネクトツー)









イベント参加











杉田さんがひとこと言うたびに、会場にざわめきのような笑い声が。



別に笑いを取っているわけではないのに、なぜか笑われてしまう。



存在自体が笑いの種――――。



最後の挨拶で杉田さん自身が言ってましたけど、ちょっとみなさん

笑いすぎかも。



まあ、自分も何となく杉田さんの言動を聞いて、つい笑ってしまって

いましたけど。



あれも、才能のひとつなのでしょうね。













開演15分前の注意事項(影ナレ)を、ハセヲ(櫻井さん)と揺光(浅野さん)。



開演5分前の注意事項(影ナレ)を明るいカイト(相田さん)と暗い司(斎賀さん)。



開演前にまさか2パターンのアナウンスがあるとは思わず油断してトイレに行き、

2回目はちょこっと聞き逃し。









『.hack//Link』の映像とともに『時の階段』をLieNさんが披露。





司会の浅野さんが登場。



影ナレを櫻井さんとしたとき会場の反応がなくて、お客さんがいるのか不安だったとか。





キャスト全員によるライブドラマ(生アフレコ)。



『.hack//after2021』 ゲームのその後にちょっとだけ触れたドラマ。







キャスト全員によるフリートーク。







兼役が多く、櫻井さんが自分で「3人ほど」といいつつ、ハセヲ役以外を思い出せず。



そのことを斎賀さんなどに突っ込まれ、 それを誤魔化そうとする櫻井さん。







『.hack』シリーズの始まった十年前、なにをしていたのかと司会の浅野さんが振り、

小清水さんが「14歳」、三瓶さんが「中二」と。



自分で振っておいて、その返事に絶句する浅野さん。







杉田さんは、ちょうど声優としての歴史も十年くらい。



新人として、勉強のためにアニメを見ていた頃だったと。







五年ほど前、松山社長にお子さんができたということで、声優陣一同で大量の

「紙オムツ」を会社宛てに送付。



社長は、社員の目の前でその紙オムツの詰まったダンボールを開封したとか。







トークの後に、再びライブドラマ(生アフレコ)。



『.hack//Long horn』 パロディドラマ。







『.hack//G.U.』の映像とともに、LieNが『やさしい両手』と『優しくキミは微笑んでいた』

を披露。







最新情報コーナーとして、司会の浅野さんと内山Pと松山社長が登場。



「紙オムツ」の話は本当で、最近は東京にばかりいるのであまりお子様に

会っていないとか。



内山Pは、よくイベント会場でコスプレをしていたとか。



会場限定販売のTシュツやネックレスの話(販促)ばかりで、最新情報は――――。









とある最新のアニメ映像を上映。



映画かTVシリーズかは不明ですけど、『.hack//Link』後の話とか。



あのクオリティなら、映画でしょうか――――。









最後はライブパート。



FictionJunction 『the world』 『Liminality』 『key of the twilight』

『.hack//SIGN』のOP映像とともに『Obsession』

『fake wings』 『in the land of twilight, under the moon』 計六曲





梶浦由記は、BGMを含めて自分の曲ばかりなのでとても思い入れがあるとか。



すべてのシリーズは網羅していないけれど、無印の四部作はやりこんだとか。







YUUKAさんが登場して最後の一曲を。



「美佳子@ぱよぱよ」公開録音でも南里侑香さんは拝見させていただいたの

ですが、喋っているときと歌っているときは完全に別人ですね。



FictionJunction YUUKA 『.hack//Roots』のOP映像とともに『Silly-Go-Round』









出演者全員が出て、最後に一言づつ。













舞台の幕が下りた後、天城彩花とAIKA(小清水さん) とトキオ(三瓶さん)の

影ナレでお別れのご挨拶。









「テイルズ」みたいに定期的に、こういうイベントをやってくれるといいですね。



夜公演も参加したかったのですが、予算の都合で昼のみ参加させていただき

ました。







前売A席 6800円

そちたちvol.11

そちたちvol.11



2010年5月8日(土) 13時00分~ 15時30分(開場12時30分)



会場:秋葉原・LittleBSD 3F



出演:稲村優奈、花村怜美



ゲスト:儀武ゆう子(『こいこい7』鈴鹿アキヲ役)









イベント参加











一部、二部で、休憩を挟んで二回分収録。



その構成はいつも通りでしたが、今回は二部で担当ディレクターが別の仕事に……、

急遽、ゲストの儀武さんが出演しつつディレクションを。



見事なディレクションでした。









一部は、冒頭に稲村さんのオカリナ教室の発表会でのオカリナ演奏を流し、

ゲストの儀武さんもオカリナの生演奏でお出迎え。







sorachocoとして参加した萌えフェスの話。







ゲストの儀武さんに、稲村さんや花村さんと初めて会ったころの印象など。



稲村さんについては、昔と変わっていないと。



ただ、昔は無茶振りを素直に受けていたけれど、いまは無茶振りを振る方に

変わったと。



花村さんは、昔はすごい人見知りだったと。





一部のコーナーは、きゅうり猫とイナオンステージ。



きゅうり猫のコーナーの最中、特別メニューの卵かけご飯にかける卵を

といている儀武さん。







収録中に食べきれずに、それを持って儀武さんは控え室に退場。









休憩前、舞台に残った稲村さんと花村さんが抽選番号を引くプレゼント抽選会。



今回はプレゼントが比較的多く、そこでカレーラムネが当たりました。









休憩中に、7月11日のライブのチケットを手売り。



sorachocoだけでなく、同日開催の井ノ上奈々さんのライブチケットも販売。









休憩を挟んで、二部。



本当にディレクター不在で、舞台には稲村さんと花村さん、ゲストの儀武さんの

三人のみに。



進行表を手に儀武さんが、キュー出し。





川瀬 晶子さん(『こいこい7』月読ミヤビ役)からメールがあり、儀武さんと一緒に

行った執事喫茶の話題に。



予約は二週間前にしたとか。



ゴールデンウィークから少し外れる6日に行ったとか。







ディレクションしつつ、ぐいぐい自分を売り込む儀武さん。







二部のコーナーは、無茶振りのアドリブドラマ。





番組の締めでは、いきなり川瀬さんに生電話して、代理デレクターとして

次回のゲストにブッキング。







終始、儀武さんが最高でした。









隔週木曜更新中!



詳細は、下記のHPへ。



【そちたち】

http://www.zakzak.co.jp/anime/web/sorachoco/sorachoco_radio.html







一周年記念ゆうなカクテル(ノンアルコール)。



牛乳に抹茶を混ぜたもの。









プレゼント抽選でいただいたカレーラムネ。





カレーラムネの成分表。



カレーらしい成分は見当たりませんが……

とりあえず冷蔵庫で冷やして飲む予定。





退場時にいただいた一周年記念ポストカード。





ポストカードの表面。



画像では分かりにくいですけど、サイン部分が直筆であることの証明として

インクが少し滲んでいます。







予約 3500円 + ドリンク代 500円 計 4000円

イデオナイト~伝説巨神イデオンの30周年だよ全員集合~

イデオナイト~伝説巨神イデオンの30周年だよ全員集合~



2010年5月7日(金) 23時45分~6時00分(開場23時30分)



会場:新宿ロフトプラスワン



出演:イシイジロウ(ゲームクリエイター『428 〜封鎖された渋谷で〜』、『LittleLovers』)、

たかみゆきひさ(『怪盗レーニャ』企画原案、『ファンタシースターポータブル2』PV制作)、

ほかイデオンに影響を受けたゆかいな仲間たち









イベント参加









終わって外に出たら、昨日の雨が嘘のような晴天の朝。



最近、オールナイトのアニメのイベントが増えて、毎月のように徹夜している感じです。



でも、オールナイトのイベントって、出演者がノッていて観ていて楽しいですね。











最初にイシイさんとたかみさん、時田貴司(スクウェア・エニックス『半熟英雄』)さんの

三人が登壇。



イシイさんは赤いアフロのカツラ、時田さんは黄色いアフロのカツラを被って登場。



明るいイデオンの、サンライズ公式パロディOP「アジバ3」上映。







イデオンを観ていたのが、だいたいみなさん小中学生ぐらい。



携帯のカメラで撮らせていただいたイデオンのグッズは、すべて出演者の私物。







休憩を挟んで、杉森建さん(『ポケモン』デザイン)と河内 丸武史さん(『ポケモン』開発)

が登壇。



以前、ゲーム関係者などによるイデオン縛りの飲み会があり、それで河内さんがイデオン

を予習させられて参加させられたとか。



杉森さんは、イデオンを観ていた頃に書いていた『鉄の墓標』という友達同志による

リレーマンガを持ち込んで紹介。



『鉄の墓標』はタイトルを松本零士先生の同名マンガからお借りして、内容はイデオンや

ガンダムなどのキャラやネタなどを盛り込んだ、いまで言う二次創作作品。



ノートを破って友達同志で作成した力作。



かなりネタ的にイデオンの影響を受けた作品でした。



イベントの最後の挨拶で河内さんが言っていたのですが、好きな作品のことを語れて、

こんなに楽しそうな杉森さんを見たことがないと。









休憩中に、某『kiss×sis』(キスシス)のアニメ監督が普通のお客さんとして

参加されていて、持ち込んだイデオンのレアグッズを披露。









休憩が終わって、能登有沙(のっち)さんが登壇。



声に出してみたいバッフクラン語の講座を開講。



戦艦やキャラの名前を会場のお客さんと一緒に英会話講座風に詠唱。



反物質などの作品中のSF用語を、能登さんが時田さんから教えてもらうことに。



学生ということで、真面目にノートを取る能登さん。











休憩を挟んで、河野一二三さん(『鉄騎』ディレクター)と別所誠人さん(『シャングリ・ラ』

監督)が登壇。



そして、別所さんともお知り合いということで、客席にいた某『kiss×sis』(キスシス)の

アニメ監督も一緒に舞台に。



河野さんは、ご自身の担当されたゲームの某キャラがイデオンの某キャラを意識した

ものとか、某ゲームの某戦艦のデザインをデザイナーの方にいくつか描いていただき、

その中から何となくイデオンの某戦艦に似ているのを選んだりとか。



ゲームの企画書の表紙に、湖川友謙さんっぽいテイストのイラストをつけたりとか。









別所さんはイデオンを観ていた年頃に、教科書の端を使ってパラパラ漫画を作成。



そのパラパラ漫画を友達と競い合い、宇宙戦艦ヤマトの発進シーンなど何作も

作っていたとか。



ところが、その教科書を学校に置いておいたら先生に見つかり、学校に教科書を

置いておくのは禁止されていたので、罰として教科書の端を断裁。



教科書の端にはページ数があり、端を切られると教科書が使いづらくなるという罰。



別所さんは先生のところに行き、もとに戻るように貼り合わせたりしないから、

その教科書の端、パラパラ漫画を返して欲しいと。



結局、返してもらえずに、パラパラ漫画は消失。













あと、進行役のたかみさんに話を振られたので別所さんが『シャングリ・ラ』のことも。



『シャングリ・ラ』の最終話(DVD)は、テレビ版から3分の1ほどカットをリテイク

したとか。



背景も、差し替えたカットもあるとか。



つまり、テレビ版の最終話は監督の気に入らない部分が3分の1ほどあったという

わけで――――。



もし、監督にたっぷりと制作スケジュールがあり、テレビ版を放映する前に

修正する時間がたっぷりあったら、あの『シャングリ・ラ』がどうなっていたのか

ちょっと個人的に気になります。















休憩中に、来場されていたクリエイター仲間、セガのヨシダさん(『龍がごとく』

クリエイター)を紹介。









客席にいた、明るいイデオンの取材をしていた角川のツジさんが呼ばれて登壇。





当時のサンライズと東映とはスタッフが被っていたとか。



でも、サンライズでバイトしているのが東映にバレたら困るので、サンライズ作品の

スタッフクレジットでは偽名を使っていたとか。







当時はアニメ雑誌のライターも被っていて、同じアニメ作品の記事を同じライターさんが

別々の雑誌で書くこともあったとか。







板野サーカスで有名な板野さんは、イデオンの原画をしていたとき、演出の方に

よく分からないと言われて、勝手に原画の中割り(動画のタイミング)を修正されて

いたとか。



そこで、その演出さんが帰った夜中に、こっそりと自分のタイミングに修正して

撮影に回したとか。



当然、そのフィルムの試写のときに発覚し、富野監督の目に。



富野監督はそれを良しとし、以降は板野さんのタイミングで。







劇場版はあまり優秀な原画家さんがいなかったので、湖川さんがほとんど原画を

作成したとか。



ゆえに、あれだけのクオリティの作画になったとか。









当時のグッズ、イデオンのカルタを開封。



「あ」は「熱いこころでたたかうコスモ」など、かなり強引なこじつけカルタで

それをみんなで鑑賞。







最後に、劇場版の発動編をみんなで。



時間が足りなくてエンディング間近で、出演者が最後の挨拶をして、一本締めをして

イベントは終了。



発動編を最後まで観れませんでしたけれど、外はかなり明るくなっていました。









まだ30周年は始まったばかりなので、サンライズとかキングレコードでも、何か

お祭りをしてくれるといいですね。





















限定メニュー、デクのトースト。



トーストとありますけど、焼いてありません。



焼いてないパンにジャムを塗っただけのもの、

ただ、そんなにまずくはなかったです。





限定メニューの『裏切りの白い旗』を注文したはずですが、

普通の梅チャーハンが……。



本当の『裏切りの白い旗』は、チャーハンに白い旗(能登さん手製)が

刺さっているはずですが……。



手ブレして見えにくいですが、何も刺さっていません。



注文するときに間違えたのかなと思ったのですが、お会計のレシートで

確認したところ、注文は間違っていませんでした。



どうやら、店員の方が旗を刺し忘れたみたいで……、残念。







以降、出演者の私物のグッズの数々。



出演者の撮影は禁止ですが、グッズの撮影は許可されました。





















































前売 1500円 + 飲食代 1700円 計 3200円

森本晃司 × コバヤシオサム トークショー「こどもの日~大人と子供の境界線、 ウンコ・まんこ・ヤッホー♪~」

森本晃司 × コバヤシオサム トークショー

「こどもの日~大人と子供の境界線、 ウンコ・まんこ・ヤッホー♪~」



2010年5月5日(水) 19時00分~ 23時00分途中退場(開場18時00分)



会場:Asagaya/Loft A



出演:森本晃司(アニメ監督/アニメーター/絵描き/他、何でもサービス業/スタジオ4℃所属)

(ケン・イシイ/EXTRAのPV、MEMORIES- EPISODE 1 彼女の想いで、 アニマトリックス- BEYOND など)



★森本晃司 / BEYOND-CITY HPリンク

http://www.beyond-c.jp/



コバヤシオサム(アニメ監督/PV監督/脚本/ヌイグルミ愛好家/半ズボン同好会/四文屋ラブ)

(BECK、Paradise Kiss、魔法遣いに大切なこと ~夏のソラ~、アニクリ15、三茶ブルース など)



★コバヤシオサム HPリンク

http://www.aurora.dti.ne.jp/osamu-ko/index.html



ゲスト(遊びに来ていて壇上に上げられた方々):

植草航(『向ヶ丘千里はただ見つめていたのだった』作者)、

小林治 (ライター・『トライガン』のパンフレットのインタビュー記事等)、

小原秀一(『MEMORIES』の『大砲の街』作画監督)、

小林高己(『パンドラの匣(パンドラのはこ)』撮影)、

藤井貴治(『パンドラの匣(パンドラのはこ)』照明)、

ロビン西(『マインド・ゲーム』『ソウルフラワー・トレイン』原作者)









イベント参加









23時を過ぎたため、途中で退場させていただきました。



最後までトークを聞きたかったのですが、終電が気になったので

抜け出しました。



ただ、大変興味深いトークイベントでした。









好きなアニメ作品のOPなどを流しながらのトーク。



森本さんとコバヤシさんは、『ウルトラセブン』や『ガンバ』の好きな話が

一緒なので意気投合したとか。



当時はビデオデッキとかないので、作品を残したくて、カセットテープで

音だけ録音していたのも同じだったとか。







スペースコブラのエンディングの映像も流れたのですが、CGの普及していない

当時、回転しているトランプは手書きで、そのトランプの影はセル画と背景の間に

もう一枚ガラスを敷いてセル画を浮かせて、そのセル画のトランプの影をそのまま

撮影したとか。







森本さんは子供の頃、いつもしょう油を持ち歩いていたとか。



それは田舎に住んでいて、学校に行く前に鳥を捕まえる罠を仕掛け、学校が終わると

罠に掛かっていた鳥を自分でさばき、自分で焼いて、しょう油で味つけするためだとか。









『ブライガー』のOPを見つつ金田伊功さんの話に。



現在のアニメは3D的で、金田さんのようなパーツ絵ではないと。



そこで、最近の代表的なアニメーターとして、植草さんが舞台に。







休憩を挟んで、今度はライターの小林さんを壇上に。



小林さんがアニメ雑誌のアウトの編集になった経緯など。









大御所の大原さんが来ていることを知り、大原さんも壇上に。



『ナウシカ』では撮影(セル)もしていて、宮崎監督にはよく怒られたとか。



『大砲の街』では、最初は模型を作って、それをもとに撮影する予定だったとか。









『パンドラの匣(パンドラのはこ)』の撮影監督だったクマさん(みんなにはそう

言われているとか)と照明の藤井さんも呼ばれて壇上に。



クマさんはとても女性を綺麗に撮る方で、藤井さんはとても自然な照明を作る

方とか。









ロビン西さんも、遊びに来ていたところを壇上に。



たまたまコバヤシさんが『ソウルフラワー・トレイン』を二冊購入し、

その一冊をロビン西さんのサイン入りでお客さんにプレゼント。



ジャンケン大会となりましたが、自分はみごとに敗北。



その後、ロビン西さんとともにメビウス(仏)氏の話題に。



自分は、この話の途中で抜け出してしまいました。









う~ん……、終電が気にならない生活ではありませんので残念。



これだけ何度も阿佐ヶ谷のロフトに出かけていると、本気で阿佐ヶ谷に

引っ越したいと思う今日この頃。







ロフトチャンネルでもイベント内容は配信中。

http://www.ustream.tv/recorded/6692202

















前売 1500円 + 飲食代 1700円 計 3200円

マニアックファミコンナイト? いつだって今がファミコン全盛期!? ~21世紀ファミコン」単行本発売記念~

マニアックファミコンナイト? いつだって今がファミコン全盛期!?

 ~21世紀ファミコン」単行本発売記念~



2010年5月4日(月) 19時00分~ 22時00分(開場18時00分)



会場:Asagaya/Loft A



出演:恋パラ支部長(ファミプロ / ゲームライター)



ゲスト:はるしげ(ニコニコ動画の実況中継で有名!)

池谷勇人(ゲームライター/IT media Gamez『日々是遊戯』担当記者)

山本悠作(季刊ゲームサイド編集長)

波多野ユウスケ(漫画家)、くさなぎゆうぎ(漫画家)









イベント参加









ファミ通イベントで、鈴村さんたちが苦戦していたスーパーマリオの

花火六発打ち上げ(9のタイミングで飛ぶ)を、一発でクリア。



それも、二人羽織りプレイ(ひとりが十字キー、ひとりがABボタン

を担当)で。



さすがマニアックなプレイヤーさんたちのイベントです。









いくつかのマニアックプレイを実演。









最初に『ディグダグ』の地面を全部掘るプレイを恋パラ支部長が実演。



敵の位置を考慮しながら、見事に成功。









『囲碁入門』では、囲碁の勝負を無視して碁石で文字を書くのを

恋パラ支部長が実演。



ただし、相手のコンピュータはちゃんと囲碁の勝負をするため、

文字を書こうとする白石を取られ、実演はちょっと失敗。









『チャレンジャー』では、ふたり対戦形式に。



波多野さんとくさなぎさんが対戦。



ひとりが十字キーを操作して、キャラが死ぬように。



ひとりがABボタンを操作して、ジャンプしたりして死なないように。



キャラが死んだら、十字キーを操作していたひとの勝ち。



キャラが死なずに一面クリアできたら、ABボタンを操作していたひとの勝ち。









『スーパーマリオ』でも、『チャレンジャー』と同じようにふたり対戦形式に。



十字キーを操作しているひとが有利なので、絶対マリオを止めないことを条件に。









休憩を挟んで、次のマニアックプレイの実演。









『魔界村』の二人羽織りプレイ。



ひとりが十字キーを担当して、ひとりがABボタンを担当してプレイ。



はるしげさんと池谷さんが協力プレイ。







『スーパーマリオ』でも、同じく二人羽織りプレイ。







『ナッツ&ミルク』では、敵のミルクを一匹も落とさず(水に落とさず)にクリア

……するはずでしたが、恋パラ支部長、何度挑戦してもクリアできず。



面セレクトで別の面でも挑戦したのですが、実演はできませんでした。









『ギャラクシアン』では、居合い撃ちを実演。



敵をギリギリまで近づけて、弾が見えないくらいの至近距離で敵を迎撃。



会場のお客さんも挑戦したのですが、会場のお客さんが一番上手でした。







波多野さんが仕事の都合で途中で退場。







休憩を挟んで、DVDに録画したマニアックプレイの上映。



『ドラクエ』のマニアックプレイでは、町の住人を六時間ほどかけて一軒の

宿屋に集めた映像を。



『ドラクエ』の住人は動きがランダムなので、誘導するのが大変とか。







『ガチャポン戦記』では、たくさんのザクでサイコガンダムを囲み、

ザクのみでサイコガンダムを倒すプレイを支部長が実演。







『ツインビーパラダイス3』では、対戦形式で低スコアクリアに挑戦。



わざと相手に高得点を取らせるために、敵を倒してアイテムを相手に

取らせるなど。







『将棋入門』をつかった対戦プレイでは、ふたり交互にキーを操作して、

相手の番で詰みになる(将棋の勝負に負ける)ようにプレイ。



コンピュータを上手く誘導しつつ、相手の番で詰みになるように駒を操作。



支部長と山本さんが対戦。







休憩を挟んで最後のコーナーに。







『ロードランナー』のスピードをコマンドで30段階ほど上げ、ハイスピードでプレイ。



全員で挑戦するも、なかなか一面をクリアできず。



「穴を掘らずに一面は逃げまくる」という助言を受けてはるしげさんがクリア。







最後の最後で、『魔界村』のレッドアリーマーを倒さずに先に進むプレイを実演。



『魔界村』のレッドアリーマーが白くなるのは見事に再現。







濃くて楽しいイベントでした。

















限定メニュー。





前売 1500円 + 飲食代 1200円 計 2700円

「美佳子@ぱよぱよ」公開録音【第457回】

「美佳子@ぱよぱよ」公開録音【第457回】



2010年4月3日(土) 19時00分~20時50分(開場18時30分)



会場:ムーブ町屋



出演:高橋美佳子



ゲスト:南里侑香









イベント参加









構成のアベさん、結婚おめでとうございます。







その新婚のアベさん、健康ランドに携帯の充電器を忘れてきたとか。



公録を始める前に、お客さんから携帯の充電器を借りることに。









今月29日が誕生日なので、お客さんからいただいた花束を持って

美佳子さんが登場。



そのお客さんに美佳子さんがお礼を言うと、そこから13本を引いて、

その13本をアベさんに、17本を美佳子さんにとお客さんから返事が。



美佳子さん、誕生日に30歳になるのか、永遠の17歳になるのかは、

まだ未定とか。



美佳子さんの誕生日祝いに続いて、今度はアベさんの結婚祝いに

ぱよぱよのスタッフが用意した家電を美佳子さんが手渡し。









公開録音の「最初」のブロックでも、アベさんの結婚の話題。



お相手のプロフィールや、そのお相手のお母様から「早く孫を」という

メッセージもあり。



普通のお便りでは、今月誕生日の方が多く、そのお祝いの連続。











「真ん中」のブロックでは、ゲストとのクイズコーナー。



南里さん、イベントの公開録音が久しぶりとか。



ぽわぽわとした感じで、美佳子さんにも敬語。



美佳子さんいわく、楽屋ではマシンガントークだとか。









クイズコーナーが終わった後、帰りの寝台特急に間に合わせるため、

アベさんがお客さんに早退の挨拶。



すると、充電器をお貸ししたお客さんから、まだ充電器を返してもらって

いないという声。



お客さんは返却は次の公開録音のときでもいいと言っていたのですが、

慌てて充電器を取りにいくアベさん。









「最後」のブロックは、アベさんがお客さんに充電器を返すのを待って

収録スタート。









「最後」は、ゲストとのフリートーク。



作詞の話や、千葉紗子さんとのユニット「tiaraway」の話。



フリートークになっても、南里さんは美佳子さんに敬語。



美佳子さんいわく、FMラジオみたいな雰囲気に。



楽屋での南里さんのマシンガントークをいつかみなさんに

聞かせたいと。



時間がきて、収録は終了。











いつもはアベさんの仕切りで抽選会ですが、今回は美佳子さん

と南里さんのふたりだけで。



昼のBASARAでも当たりませんでしたが、当然ながらこちらでも

何も当たりませんでした。









南里さんは人見知りが激しいということですが、いずれその楽屋の

マシンガントークを聞かせていただけると嬉しいですね。









「美佳子@ぱよぱよ」の配信元は、こちら。アニメイトTV。

http://www.animate.tv/radio/details.php?id=payopayo













受付番号で振り分けられた当日の座席表。





予約振込 1500円

バサラ祭2010~春の陣~

バサラ祭2010~春の陣~



2010年5月2日(日)【昼の部】 14時10分~16時35分(ロビー開場12時00分 ホール開場13時30分)



会場:新宿文化センター大ホール



出演:大川 透(徳川家康)、関 智一(石田三成)、立木 文彦(大谷吉継)

大原 さやか(雑賀孫市)、小山 力也(黒田官兵衛)、小清水 亜美(鶴姫)

森田 成一(前田慶次)、石野 竜三(長曾我部元親)、森川 智之(片倉小十郎)



小林 裕幸(「戦国BASARA」シリーズプロデューサー)



戦国BASARA3 公式サイト

http://www.capcom.co.jp/basara3/

戦国BASARAシリーズ公式サイト

http://www.capcom.co.jp/basara/









イベント参加









関さんの「チ●チン」発言、素晴らしかったです。



あんなに女性のお客さんばかりなのに、DVDになって発売されるイベントなのに

堂々とした発言、尊敬に値します。



でも、おかげでとても楽しかったです。











関さん(石田光成)と大川さん(徳川家康)による前説(上演中の諸注意アナウンス)。









10分ほど押してスタート。





オープニングアクトにダンサー十数名による剣舞。





キャスト全員がステージに出て、その役になりきっての口上(セリフ)。



戦国ドラマ絵巻その一では、関が原までの武将たちの出会いや因縁を出演者が

台本を手に朗読劇。









小林Pと森田さんが、戦国BASARA3の最新情報を紹介。



戦国BASARA3のオープニング映像とT.M.Revolutionの西川さんの映像メッセージ。



戦国BASARA3のエンディング曲石川智晶さんの「逆光」を、ゲームのイベント映像を

特別編集したスペシャル映像とともに初披露。



戦国BASARA3のプレイ映像を上映。







森田さん司会で、出演者全員によるスペシャルトークコーナー。



舞台に登場する時点でスキップしている小山さん。



肩からかけているスカーフ(?)は確かにゲイバーのお姉さんっぽかったです。



最前列にいた方にそれをプレゼントしていたみたいですけど、何だか終始ノリノリな

小山さんが印象的でした。









大原&小清水の「戦国BASARA3」応援らじお。出張版

配信元 音泉http://www.onsen.ag/



音泉で配信中のラジオの出張版コーナーでは、大川さんと関さん、森田さんと森川さんが

ふたりづつゲストとして出演。



そこで関さんが「チ●チン」発言を。



お悩みを解決するコーナーがあり、側に大きなひとがいるので小さい自分は目立っていない

のではと気にしているお悩みに、関さんが「出しちゃえば、チ●チン」という発言を。



確かに、それなら一発で目立てます。



その発言に対して、ラジオのパーソナリティーの大原さんがDVD用に編集点を。



……あの発言、DVDでは編集されている可能性が高そうですね。







森田さん司会の天下分け目のクイズ決戦では、出演者が東軍、西軍に分かれて

クイズ対決。



賞品の「近江牛」、「名古屋コーチン」に色めく出演者。



保志総一郎さんが映像出演で、真田家の家紋関係の問題を出題。



クイズのあとに保志さんと中井和哉さんからの映像メッセージ。













戦国ドラマ絵巻その二で、再び出演者による朗読劇。







戦国BASARA5周年記念企画の発表。



富士急ハイランドの戦国BASARAのアトラクション、真田家にゆかりのある上田城を

訪れるツアーなど。







座席番号を使った抽選会では、特製サイン入り湯のみをプレゼント。



もちろん、自分は外れましたけど。







出演者全員による最後の挨拶。









一旦、幕が下りるのですが、再び幕が上がり、出演者による役になりきっての

別れの口上(セリフ)。









関さんのおかげで、本当に楽しいイベントでした。















寿がきやとのコラボ・ラーメン。





















漫画版のゼロ巻(お試し)と諸注意。





入場時にいただいたチラシ等。













前売A席 5000円

アニ☆ゆめ 2nd Season ~涙(TvT)の最終回~ そのにー

アニ☆ゆめ 2nd Season ~涙(TvT)の最終回~ そのにー



2010年5月1日(土) 18時00分~19時10分(開場17時30分)



会場:AMGホール



出演:野水伊織(おまもりひまり・九崎凛子役)、堀川千華(喰霊-零-・柳瀬千鶴役、キディ・ガーランド・ベル役)、

美名(そらのおとしもの・見月そはら役)、本多真梨子(生徒会の一存・桜野くりむ役)、

富樫美鈴(生徒会の一存・椎名深夏役)、堀中優希(生徒会の一存・椎名真冬役)、

高橋夢波(キディ・ガーランド・ディア役)、合田彩(キディ・ガーランド・ク・フィーユ役) 他









イベント参加









堀川千華さんは、前日の新宿の某所でもお見かけしたような気もしますけど……、

あれは非公式のイベントですから、キャストや監督や構成の方がいるはずないですよね。



でも、「喰霊-零-」は本当にいいアニメでした。









さて本日のイベントの方は、歌とインフォメーション「ANI☆YUME NEWS STATION」

(雑誌などの告知)を交互に。



その間には九崎凛子や見月そはら、ベルやク・フィーユの声でナレーションも。





オープニングは全員で一曲。



「うしろゆびさされ組」や「めざせポケモンマスター」の歌。





「みみっ娘☆ぼんかふぇ学園」から、出演者の四人で一曲。



本多真梨子さん(ヴァニーユ=ラパン役)、合田彩さん(ショコラ=シャ・ノワール役)

野水伊織さん(ムース=エキュルイユ役) 、美名さんが(マカロン先生役)それぞれ

自分の役を紹介。



椎名深夏のキャラソンを、富樫さんが披露。



moveのGod Knows..に合わせてダンス。





映画版の「ねこタクシー」の予告映像が流れ、「ねこタクシー」の紹介。



アニ☆ゆめの2チームが2曲づつ、TVドラマ版「ねこタクシー」劇中歌4曲を披露。



最後に全員で一曲――――。







20分くらいアンコールの声が続いたのですが、出演者の方がもう疲れているという

ことで終演。





初めて参加しましたけど、とても楽しかったです。







予約 2500円

祝 「宇宙ショーへようこそ」 プレミア試写会 当選のご案内 到着!

祝 「宇宙ショーへようこそ」 プレミア試写会 当選のご案内 到着!



TBS系のイベントにことごとくはずれ、ここ最近、無料のご招待イベントに外れまくって

いたのですが、とっても気になっていた映画の試写会が当たりました。



試写会当日まで、まだ半月近くあるのですが、いまから楽しみです。



喰霊-零-THE NIGHT<3rd> ~文化祭~

喰霊-零-THE NIGHT<3rd> ~文化祭~



2010年4月30日(金) 19時00分~22時00分(開場18時00分)



会場:新宿ロフトプラスワン



MC:大将









イベント参加









非公式なファンによる学園祭という感じでした。



手作りの展示品、持ち寄ったプレゼントによる抽選会、イベントスタッフによるライブ。





――――こういうイベントもいいですが、やはりちゃんとしたスタッフの登壇するトーク

ライブが観たいですね。

















展示品及び参加されているコスプレイヤーの方の撮影は自由。

ただ、コスプレイヤーの方に声をかける勇気がなかったので展示品のみ撮影。



また、携帯での撮影ですので、画像が荒いのはご了承下さい。

































スタッフ制作の抱き枕。





































画像では分かりにくいですけど切り絵です。









オリジナルTシャツです。





























ツーオーダー目からもらえる抽選券とレシート。



みごと全部外れました。





入場時に受け取ったコピー紙。





予約 800円 + 飲食代 1950円 計 2750円

ロッポンギ・アニメ・ナイト「ストライクウィッチーズ 第1夜」

ロッポンギ・アニメ・ナイト「ストライクウィッチーズ 第1夜」



2010年4月30日(金) 23時00分~6時00分



会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ



出演:福圓美里、名塚佳織







イベント参加







23時開演ということだったのですが、実際には23時開場、23時10分開演でした。



掲示されていた紙に、舞台挨拶は23時05分~23時50分となっていましたが

これも実際には23時10分~23時45分ぐらいでした。



こういう舞台挨拶は時間を押したりするものですが、何か予定よりも短め

に切り上げた(時間までに確実に終わらせた?)印象があります。



何か、ちょっと残念。





でも、トークの内容は面白かったです。







一期が始まったときは、二期というものは想定されていなくて、

本当に人気が上がってきたので二期が決まったとか。



ただ、一番最初のときに「10年続けるシリーズにしたい」と言っていた

方もいたとか。





二期が決まったと聞いてから、ずいぶんと長かったとか。



でも、ゲームとかドラマCDの収録があったりして、終わった気はしていなかった。



TVアニメは12話しかないけれど、もっとやっているような感じがあると。







二期でキャラがどう変わっているかということで、福圓さんは胸の大きさ、公式設定に

乳の大きさ順の表があり、その順位が少しはかわっているのではないかと。



名塚さんは、芳佳が成長してしまったので、新キャラの新人のこと仲良くなっているかもと。



腹黒いところは変わっていないのではないかと。



一期で、名前で呼び合う(ニックネームをつける)とき、ほんの一瞬間があったのが腹黒い。



男の子から手紙(ラブレター)を渡されそうになったとき、芳佳をたきつけておいて、

見つかったら「見つかっちゃったね」と軽く言っているところが腹黒い。



名塚さんの中では、完全にリーネは腹黒いキャラとして定着しているようです。





あと、やってみたい他のキャラとして、福圓さんは敵のネウロイ。



まだ二期の内容については何も聞いていないそうですが、もしかしたら、二期では

ネウロイが喋るかもしれないので。



あと、坂本さん。



坂本さんは、名塚さんもやってみたいとか。



坂本さんの「ハッ、ハッ、ハッ」という笑いは、「アハッ、ハッ、ハッ」とアとハをくっつけては

いけないとか。







他に、あれを「ズボン」と呼ぶのは、アフレコ直前で決まったと。



監督が長い時間掛けて打ち合わせをして、それを声優さんたちに伝えたと。



台本では「パンツ」と書かれていたようです。









福圓さんは、本当はみんなと一緒に観たいけど、明日、仕事があるのでということで、

あと乙女企画クロジの宣伝(ただし、ソールドアウト・当日券があるかも?)と門脇舞以

さんが可愛いと連呼して退場。



ちなみに自分は、乙女企画クロジ☆第9回のチケットは購入済み。





名塚さんは自主制作映画のトークショーにでることを宣伝、あと劇団ガソリーナの

朗読劇にでることを告知して退場。





劇団ガソリーナの朗読劇は、前回公演で別のキャストのときに観劇させていただきました。



ちょっと不思議で、最後はちょっと切ない朗読劇でした。









舞台挨拶が終わって、休憩を挟んで上映開始。



見えるところがきっちり見えるデレクターズカット版。





6話、7話辺りは好きなのでじっくりと観ていたのですけど、11話辺りで

ちょっとうとうとしてしまいました。



けど、最終話の12話はちゃんと目を見開いて観ました。



最後の突入シーンは、大きなスクリーンで観てもいいですね。



ついつい「ズボン」とか余計なところに目が行ってしまいますけど、彼女たちの

個性とか戦闘シーンとか、本当に面白い作品ですよね。









前売 3500円
カテゴリ
プロフィール

木全伸治

Author:木全伸治







脳卒中の後遺症で左手に麻痺が残っていますが、何とか最近、右手だけでこのブログなど文章が打てるようになってきました。なにか、お仕事のご依頼等ありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

お仕事募集中。

商業、同人問わずお仕事の方
募集しております。脳卒中の後遺症の左半身麻痺という障害持ちなので、多少無理はできないところはありますので、その辺はご了承下さい。

まずは、ご連絡を。

kimatasinzi★kit.hi-ho.ne.jp
 ★を@に変えて送信して下さい。


このブログの内容についてコメント等自由に書き込んで頂いて構いません。ただ、当ブログと一切関係ない宣伝等の書き込みは削除する場合があります。

ペンネーム 木全伸治(きまたしんじ)
(09年以前・木全伸二)

また、個人として創作小説を公開して
います。

サークル淫
個人サークル

竹取奇譚 音声なし 無料配布版
デジタルノベル「竹取奇譚 音声なし版」
無料配布中。


お世話になっているブランド
カトレヤオフィシャルサイト
Cybele
TRYSET
Digital Cute
ソフトサークルCrepe(クレープ)
注)リンク先は18禁作品を扱っておりますので18歳未満の方は閲覧できませんのでご注意下さい。

シナリオを担当した作品のリストについては、下記へ。
http://circlein.h.fc2.com/page1.html




月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード