無理をしなければいけない訳がある。

ついつい栄養ドリンクを飲みすぎて、元気になる
どころか逆効果に。





ようやく落ち着いてきたものの、結構きつい。





風邪みたいに身体全体の調子が悪くなるのではなく、
いや、むしろ意識はさえわたるのに下の方が止まらない。




前にも栄養ドリンクの飲みすぎで緩くなったような覚えが
あるのですが、月日というものはひとの記憶を薄れさせ、
警戒心を弱めてしまうもの――――。















しかし、頑張らないといけない理由が……。








多くの漫画家やシナリオライターが恐れる『締め切り』
という化物が……。








頑張らねば――――。
スポンサーサイト

まだ、落ち着かない。

栄養ドリンクの飲みすぎ――――。



これが有名どころのライターさんなら、「大変そう」とか
いっぱいの同情をもらうのでしょうが――――。




自分みたいな無名ライターだと、「だせぇ~」とか言われ
――――いや、そもそも「誰、こいつ?」レベルですから
栄養ドリンクを飲まないといけないほど仕事があるの?
という感じなんでしょうね。









とにかく、参った。






40代の肉体は、本当に扱いづらい。

また、トイレに駆け込んでしまった。

汚い話ばかりですみません。




栄養ドリンクの飲みすぎのせいで、すっかり
お腹が緩くなってしまいました。





栄養ドリンクの飲みすぎが良くないのは、
自分自身でも前に――――。

一応、気にしていたつもりなんですけどね。






けど、飲まないといけないときがありまして。








休んでいられない。




頑張らないと。

栄養ドリンクを飲み過ぎました。

汚い話ですみません。








栄養ドリンクの飲みすぎは、実家の親にも注意されていました。

ですが、どうしても元気が欲しくて、1日一本というところを
二本ほど飲んだら見事にお腹が――――。







やばいです。






トイレに駆け込みました。






頑張らないといけないのに。


頑張らないといけないのに。





大失敗。





でも、休んでいられないんだよなぁ~。

主人公の名前まで。

昔、何だかやたらと注文の多いクライアントがありまして。

途中まで書いたテキストを見せたりしていたのですが、やたらと
シナリオをいじりたがり、挙げ句に主人公の名前が気に入らない
と言い出す始末。





さんざん注文を出してシナリオをグチャグチャにしておいて、
名前にまで文句を――――。

主人公の名前が気に入らないのなら、最初の企画書の段階で
変更しろよと。








いきなり友人や兄弟の名前が変わってしまったら、誰でも
当惑するかと思います。

それと同じで、シナリオの登場人物の名前が急に変わったら
困惑します。




文章を書くということが、どれだけ大変かということをまるで
理解していない。

絵に比べて苦労さが分かりにくいからかもしれませんが、結構
神経を使うんですけどね。






当然といいますか、シナリオを書いてる途中で主人公の名前を
変えさせるような無神経なクライアントさんとは切れました。

というか、そんなことでシナリオをいちいち止めて書き直して
いたら、時間ばかり食って採算が取れません。









――――そういうことが昔あったということで。

昔の話です。

このブログに書いてある個人的な愚痴につきましては、
過去のことです。



このブログを目にした方は、こういうことがあったんだ
程度に思っていただけると幸いです。




――――まあ、あまり見に来ているひとはいないので、
そんなに気にする必要はないとは思いますが。

プロットを書くには技術が必要。

昔々の話――――。

とあるところで、彩色の方にシナリオを任せようとしたことが
ありました。

その方は彩色としてはベテランであり、何本もゲーム制作に
携わっていた業界経験は長い方でしたが、物書きとしては素人。

結局、そのあとを自分が引き継いでシナリオをまとめたという
経験があります。

ただ、当時の自分もほとんど新人だったので、とりあえず話を
まとめるので精一杯……、きちんとしたプロットから作り直した
かったと、いまでも残念に思うことがあります。







文章を書くのに技量が必要なのは当然ですが、いくら
エロゲーを百本プレイしても、プロットは書けません。

百本プレイしても、エロゲーには詳しくなるでしょうが、
物語の骨格となる起承転結の組み立て方は身につきません。





プロットを作ろうと思ったら、それなりにシナリオのことを
理解していないといけません。





プロットを作るということはシナリオの骨格を作るという
ことであり、それなりの技量が必要なんですが――――。

どうもプロットって、誰にでも書けると勘違いされている
方が多いような気がします。












――――まあ、自分もあまり偉そうなこと言えるほどの
一流ライターではないとは思いますけど。


ただ経験上、文章もプロットも、そんなに簡単なものじゃ
ないってことは身に染みているつもりです。


続きを読む

この一週間ほどで飲んだ栄養ドリンク。

101019_2129~0001
ユンパミン9本、デカビタチャージ1本、オロナミンC2本。

水曜日が資源ごみの日なので、明日捨てる予定の空き瓶。

栄養ドリンク20本購入。

101012_2041~0001
ネガティブな肉体に効く魔法の小瓶、それが栄養ドリンク。


いつまでも体調不調云々と言っていられないので、栄養ドリンク
「ユンパミン」を一気に二箱(計20本)購入しました。




――――ネガティブな思考にも効くといいんですけどね。

午後九時頃からコロッケなどが半額に。

貧乏臭い話ですみません。



近所のスーパーでは、売れ残っているお惣菜が
午後九時になると半額になります。



平日だと、サラリーマンとかOLさんとかが買って
行くので、なかなか目ぼしいものが残っていないの
ですが、休日は違います。

休日は会社帰りの方が買っていくことが少ないので、
色々とお惣菜が残っている場合があります。

そこで、今日はスーパーに乗り込み、特製手作り
コロッケとメンチカツを半額で確保しました。




いや、独り身にとって、お惣菜の半額は本当に
助かります。

鬱だったのかも。

ここ数ヶ月、体調が悪い間、色々とゴタゴタして
いました。







自分の経験が通じない。

自分の経験が未経験者に全否定される――――。

シナリオは経験が第一であって、どんどん書かないと
上達しないということは常識だと思っていたのですが
それさえも否認する。









あまりにも否認がひどいので、そんなにシナリオの経験が
あるのかと問い返せば、経験なんて関係ないと言い返す。

経験とか実績を無視するなんてことは聞いたことがあり
ませんが、それが向こうの常識――――。








実務経験の全否定。

確かに自分は知名度の低い無名なライターではありますけど、
これまでの実績を全否定されるほどでもないかと。








否定ばかりで、肯定はなし。

当然、それは精神的な負担に。

血尿は持病だったかもしれませんが、それに加えて
かなりの欝になっていたかもしれません。

いや、本当にきつかった。










とりあえず、こうして客観的に書き込めるということは、
それなりに精神的な危機を脱したと自己分析。










年末までに何か新しい作品の報告ができるように、現在
奮闘中――――。

そろそろ栄養ドリンクを大量購入しなければ。

強迫神経症です。

いつの頃から始まったのか分かりませんが、
アパートの部屋を出るときに何度も何度も
電気や火の元の確認をしてしまいます。






繰り返し何度も確認をして、アパートを出る
のに5分から10分ぐらいかかるときもあり
ます。




気になるのは外出時の火の元や電気などの
確認だけで、それ以外に強迫神経症らしき
症状はありません。







ただ、自覚症状は純然とあるわけで――――。







肉体的な不調に精神的な疾患。

色々とありました。



















素直に向こうの意見に従ってシナリオを修正していたら
グダグダになり、意見の自重を求めたらそっちが悪いとか
わけの分からないことを言い始める。

経験に基づいて何か意見を言い返す。

けれど、それを未経験者が否定する。

これまで他のメーカーさんやサークルさんたちと上手く
やってきた文章表現や差分の使用法さえ、否定する。

――――見苦しい愚痴になって申し訳ないが、ストレスが
溜まるのも当然かと。






愚痴の垂れ流しですみません。

シナリオへの批判につきまして。

今年、MIELさん、softhouse-sealさん、CATTLEYAさん、
Crepeさんなどのサークル及びメーカーさんの作品にお世話に
なりました。




誠にありがとうございます。






作品をご購入いただいたユーザーの方にも、誠に感謝しております。








ですが、ご購入された方の中には、当方のシナリオの技量不足により、
ご満足いただけなかったユーザーさんもいらっしゃるかと思います。

誠に申し訳ありません。







ただ、こちらといたしましては、できうる限りの知恵を搾り出し、
自分の技量の中で最善の文章を書かせていただいております。

それを面白いと思われているユーザーの方もおられますし、その
文章能力を評価して採用してくださるサークル及びメーカーさんも
おられます。









自分が面白くないと感じたから、これは駄目だ――――。

ここまではいいのですが、自分が駄目と思ったら他の全員が駄目
と思わないといけないというのは、いささか客観性に欠けるかと
思います。

たとえ面白くないと感じたとしても、他のひとには面白いと感じる
ことがあります。





なので、その辺りを考慮していただけると幸いです。

実家に頼りっぱなし。

実家から、お米などが届きました。





41歳という年齢を考えますと、逆に仕送りをしないと
いけないのですが、ここの数ヶ月の体調不良と仕事の
不調で実家に頼らざるおえません。


この仕事についてから、実家に仕送りなんてほとんど
できていません。







自分の情けなさが身に染みる今日この頃――――。
カテゴリ
プロフィール

木全伸二

Author:木全伸二







脳卒中の後遺症で左手に麻痺が残っていますが、何とか最近、右手だけでこのブログなど文章が打てるようになってきました。なにか、お仕事のご依頼等ありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

お仕事募集中。

商業、同人問わずお仕事の方
募集しております。脳卒中の後遺症の左半身麻痺という障害持ちなので、多少無理はできないところはありますので、その辺はご了承下さい。

まずは、ご連絡を。

kimatasinzi★kit.hi-ho.ne.jp
 ★を@に変えて送信して下さい。


このブログの内容についてコメント等自由に書き込んで頂いて構いません。ただ、当ブログと一切関係ない宣伝等の書き込みは削除する場合があります。

ペンネーム 木全伸治(きまたしんじ)
(09年以前・木全伸二)

また、個人として創作小説を公開して
います。

サークル淫
個人サークル

竹取奇譚 音声なし 無料配布版
デジタルノベル「竹取奇譚 音声なし版」
無料配布中。


お世話になっているブランド
カトレヤオフィシャルサイト
Cybele
TRYSET
Digital Cute
ソフトサークルCrepe(クレープ)
注)リンク先は18禁作品を扱っておりますので18歳未満の方は閲覧できませんのでご注意下さい。

シナリオを担当した作品のリストについては、下記へ。
http://circlein.h.fc2.com/page1.html




月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード