スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エロゲーを100本プレイしたからと言ってエロゲーのシナリオに詳しくなったと思うのは勘違い。

エロゲーを100本プレイしたからと言ってエロゲーのシナリオに詳しくなったと思うのは勘違い。なぜなら、プロ野球の試合を100試合観たからと言って名監督になれないのと同じ。最近、違法ダウンロードで大量のエロゲーをプレイしている方が多いせいか、たくさんプレイしているからシナリオについて分かった気になっている方が多いように思います。もし本当に100本プレイしてシナリオが理解できるのなら、映画評論家と呼ばれる人間は名脚本家になれるということになります。
スポンサーサイト

身体障害者診断書、意見書(肢体不自由障害者用)という用紙をもらった。

脳卒中で倒れて半年が過ぎた。倒れて一ヶ月以内ならまだ劇的な回復もありえるが、半年も経つと劇的回復は望めないと。そこで、ついに障害者手帳を作る準備を始めたわけだ。まあ、この半年のリハビリで何とか車椅子の世話にならずに歩けるようになった。相変わらず、左手はダメだけれど、だからといって障害者になった事実を素直に受け止めなければならない時期が来たわけだ。
まったく、やたらとシナリオの修正の指示を出してこっちにテキストの修正のために徹夜とかを強いた奴はのんきに普通の体でのんきに暮らしているんだろうな、馬鹿正直に手抜きと言われたテキストを必死になって徹夜して修正した挙句、こっちは障害者だ。滑稽な話だと思う。

左半身が麻痺すると日常が地獄に変わる。

例えば朝、目が覚めたとき、左わき腹が麻痺しているのでスッと上半身を起こせない。左肩がうまく上がらないので服の袖を通すのにも一苦労である。左手、左足が、不自由なのは言うに及ばず、いまは何とか歩けるようになったけれど、頭の手術をした直後は体が不自由で、ほとんど車椅子で移動していた。手術から半年以上経ったいまでも、左足の動きは鈍い。
何でこんな体になるほど、テキストの修正のために何日も徹夜を繰り返したのに手抜きとか言われなければならなかったのか。いま、俺のシナリオにけちをつけたり手抜きとか言った奴に逢ったら、絶対に殴りかかっている。

手を抜いていると決めつけられたら地獄。

こちらの書いたテキストが手抜きと決め付けつけられたら地獄の始まりである。もう絶対に手を抜いていると盲目的に決め付けられ、こちらが何日も無理な徹夜を繰り返してしてシナリオを大幅修正しても納得しない。大体そういうことを言い出すのはシナリオ未経験者なのになぜかシナリオを知り尽くしているみたいに言う知ったかぶりが多い。シナリオを書いた経験がないのに、なぜかシナリオを知リ尽くしているみたいに言う奴がこの業界には多くて困る。そういう奴があるときこんなことを口にした、「プロのライターさん(経験者)はあまり言うことを聞いてくれないから困る」と、それは当たり前で、経験者だからこそ、シナリオど素人の言う通りにしたら、シナリオが破綻することを知っているのである。

テキストの修正は、無料です

テキストの修正は、無料です。基本シナリオ代金は書いた完成テキスト容量分だけなので500kbのテキストを500回修正してもいただけるのは、その500kb分だけ。なので、よく、シナリオの修正指示を何度も繰り返すメーカーがあります。その中には、同人ソフトだと思ってシナリオの手を抜いているとか、他の仕事をしているからこちらのシナリオの手を抜いているとか妙な言いがかりをつけてくる人が多い。たいてい、そういう言いがかりをしてくるのは、シナリオ未経験者の方が多いです。手を抜いていると決め付けられると何度テキストの修正を繰り返してもリテイクが返ってきます。もう絶対手を抜いていると決め付けて、こちらがどれだけ徹夜して修正してもリテイクの繰り返し。正直、その繰り返しにうんざりして、途中で嫌になって降りた仕事もあります。

一月に脳卒中で倒れる直前にも

一月に脳卒中で倒れて死にかける直前にも、あるシナリオのあるキャラの口調が気に入らないと、あるところからシナリオの修正を要求され、栄養ドリンクを何本か飲んで無理な徹夜を何日かしてその口調の修正という仕事をしていた。そのときも、明らかに先方はシナリオ作成未経験者でど素人臭がひどく、会話のテンポの重要性とか、何でそんなところに修正が必要なのか、正直、理解に苦しむほどのシナリオの知識がなく、なんとなくそのキャラの口調が気に入らないというあいまいな感じでストーリーやエッチシーンにまったく関係ない部分の修正を指示して、そんなところを、修正してもエロさに影響はなく、ストーリーがすごく面白くなるというわけではないのだが、修正を指示し、正直、何でこんなシナリオど素人の指示に従ってシナリオを修正しないといけないのか理解できなかった。

シナリオを書いたことがない人間が大きな顔をしすぎる。だから、世の中、クソゲーなんてものが生まれるんだ。
シナリオ未経験者にまともなプロットが書けるわけがない。

会話はテンポが大切。

人間は、無意識に話し手のテンポにあわせて受け答えするものである。つまり、シナリオ上の会話シーンもテンポを整える必要がある。だから、あるキャラの口調(セリフ)を直してくれという修正があったら、そのキャラが会話している相手のセリフも調整しなくてはならない。滑らかに自然に会話しているようにする必要があるのだ。そのあたりを分からずにむやみにセリフの修正を指示し、シナリオのテンポを破壊し、その責任をライターのせいにするやつがいる。正直、シナリオ未経験なら余計な口出しはしてほしくないものだ。

正直、理不尽な話だと思う。

栄養ドリンクを何本も飲んで何日も徹夜して書いたシナリオなのに、同人ソフトだと思ってシナリオの手を抜いていると難癖をつけられ、また栄養ドリンクを何本も飲んでまた徹夜を繰り返して、その文句を言われたシナリオの修正を何度も繰り返す。挙句、シナリオ未経験者のど素人であるめーかーの担当者が自分でシナリオを修正するなどとと言い出す始末。
俺のシナリオを手を抜いていると難癖をつけたやつらに聞いてみたい。本当に手を抜いていたら、脳卒中で倒れる訳ないだろ。正直、いま、そいういうことを言ったメーカーやサークルの連中に逢ったら確実に殴りかかっている。脳卒中になるほど、無理して徹夜をしてがんばっていた人間に手を抜いているとか理不尽な難癖をつけたことを、謝罪させたい。

素人プロットの厄介なところ

よくメーカー側からプロットを提示され、それに沿ってシナリオを書くように依頼されることが多い。そのプロットを作成したのがシナリオ経験者ならいい。だが、メーカーの社長だとか、Pだとかシナリオ未経験者が自信満々に書いて提示して来ることが多い。その代表例が、俺の場合は、『しろがね鳥籠』と『あの街の恋の詩』である。この2作品とも渡されたプロットにほとんど修正を加えている余裕がなくシナリオにしてしまった。
メーカーから出されたプロットに沿ってシナリオを書くことは珍しいことではない。『しろがね鳥籠』と『あの街の恋の詩』の2作品だけはプロット修正の時間的余裕がなかった。正直この2作品については後悔している部分が多い。『あの街の恋の詩』のエッチシーンのテキストだけは、とりあえず、もう一人のライターさんの書いたエッチシーンも含めこちらで全エッチシーンのテキストに修正を加え、エッチシーンだけは並みのエロゲーのテキストにするので精一杯だった。もう一人のライターさんには何度も推敲するように伝えてくれとメーカーのスタッフに言ったのだがあまりシナリオを推敲した様子がない。

素人プロットのせいであんなシナリオになったというのは、見苦しい言い訳である。だが、素人プロットを使えるように修正するのは、かなりの至難の業である。まず、プロットを書いた本人が自分は、すごい文才があり、完璧なプロットを書いたと思い込んでいる場合が多いそんな相手にプロットの矛盾とか会話や展開の不自然さを諭すのは難しい。エッチシーンの一部だけ書かせてもらった『むすめーかー』はプロットに沿ってエッチシーンを書く仕事だったのだがプロットがとてもしっかりしていたので、とてもやりやすい楽しい仕事だった。
よくシナリオライターが言うことを聞かないとか言うメーカーの人がいるが、ちゃんとシナリオ経験者が作成したプロットをライターに渡しているのか。素人の書いた下手糞なプロットを渡してそれで、それに沿ってプロのライターに書けというのは一種の拷問である。よくライターが逃げるという話を聞くが、それはライターに責任があることなのか。素人の書いたプロットを押し付けて無理やり書かそうとしてないか。




『しろがねの鳥籠』のプロットが、どうひどかったかというと。

まず結末まで完成していない未完成プロットでした。こちらが渡された分のプロットを元にシナリオを書いている間に未完成部分のプロットを完成させるという話だったのだが、結局、間に合わず、こちらでエンディングまで考える羽目に。
その未完成プロットも素人臭く矛盾だらけで、あるアイテムを主人公が確保するシーンがあり、しばらくして、唐突に急に主人公がそのアイテムのことを思い出し、ひとり言ごとでそのアイテムが何の役にも立たなかったなというセリフを呟かせるという無茶苦茶なプロットだったので、そのアイテムを持っているとあるイベントが起きるようにシナリで直しました。

もしかしたら、今年の一月に死んでいたかもしれないので、いまのうちに告白

プレイステーション2用ゲーム『しろがねの鳥籠』のシナリオを書いたのは自分です。公式ではシナリオは、『荒川しょうぶ』となっていますが、当時、自分は、荒川の近くにある堀切菖蒲園駅の近くに住んでいたので『荒川しょうぶ』というペンネームで書かせていただきました。この作品ほとんど、渡されたプロットそのままでところどころ修正しながら書いたシナリオで、あまりにも基にしたプロットが素人臭くてひどく、また締め切りまで、ろくな時間がなくて、まともなプロットの修正もできずにプロットの矛盾や設定の不備をシナリオで強引に帳尻合わせをするので精一杯でした。
アフレコのとき、ある声優さんに自分の演じられたキャラのエンディングがもう少し何とかならなかったと言われたのを、今でも鮮明に覚えています。その声優さんの言う通り、もう少エンディングまでの流れを修正するべきだったと、いまでも、あのシナリオのできには、自分でも満足していません。あの作品のエンディングは実は、メーカーの出してくるプロットの製作が間に合わず、これまで受け取ったプロットを元にこちらで急ごしらえで考えたエンディングです。もっと時間があれば、プロットを作成したのが自分だったら、もう少しまともなシナリオにできたのにといまでも悔やんでいます。

漫画家が早死にするという話はよく聞くが、編集が早死にするというのは聞いたことがない

ようするに、漫画を描いた経験のない編集という人種は漫画というものをまるで理解しないで、どれだけ漫画家の負担になるかを考えずその漫画家の作品にダメ出しを出し注文(いちゃもん)をつけ、漫画家に苦労を押し付ける。だから漫画家と編集が不仲になるということがよく起こるのだろう。
それと同じような例として、自分は連日、シナリオ修正のために無理な徹夜を繰り返し、脳卒中になり、左半身麻痺という結末になったと思う。
左半身麻痺になるほど集中していたのに手を抜いているとか、このキャラのセリフがおかしいとかいちゃもんの繰り返しで何日も徹夜して修正した挙句、シナリオの経験なんてまるでないくせにこっちで直すとかあほなことを言うのが多くて困る。シナリオを書いたことないのにあのシナリオ知り尽くしているみたいなあの異常な自信はどこから生まれるのだろうか。シナリオやプロットが誰にでも簡単に書けるわけがない。

キャラ設定は将棋の駒の動きのようなものである。

もし、将棋の駒が、飛車角みたいな派手な動きをする駒が多くなれば、ゲームとしての面白みがなくなる。一歩づつしか歩けない歩みたいな駒があるから面白いのだ。キャラクターも同じであまりチートな設定にしてしまうとお話の展開がぶっとんだものになってしまう。例えば「けいおん」とか「ひだまりスケッチ」である。ぶっとんだ設定はなく、バトルも超能力も出てこない世界の危機はやってこないし平穏な日常生活だけ、厨二病っぽい異世界も出て来ない。ああいう観ている人たちが親しみやすいキャラ設定の方が、面白い物語になりやすいのである。

厨二病になりがち

シナリオを書いたことがないひとがキャラ設定を考えるとやたらと派手な設定になりがち。派手な設定の方が面白いと勘違いするからである。地味な設定の方が、物語を読んでくれる人には受け入れやすいし、派手なキャラ設定にしたらそれに見合う展開が必要になってくる。キャラ設定とは、物語の展開を決める重要な要素であり、思いつきで超設定にしてはいけない。派手な設定の方が面白そうに見えるというのは間違いである。
カテゴリ
プロフィール

木全伸二

Author:木全伸二







脳卒中の後遺症で左手に麻痺が残っていますが、何とか最近、右手だけでこのブログなど文章が打てるようになってきました。なにか、お仕事のご依頼等ありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

お仕事募集中。

商業、同人問わずお仕事の方
募集しております。脳卒中の後遺症の左半身麻痺という障害持ちなので、多少無理はできないところはありますので、その辺はご了承下さい。

まずは、ご連絡を。

kimatasinzi★kit.hi-ho.ne.jp
 ★を@に変えて送信して下さい。


このブログの内容についてコメント等自由に書き込んで頂いて構いません。ただ、当ブログと一切関係ない宣伝等の書き込みは削除する場合があります。

ペンネーム 木全伸治(きまたしんじ)
(09年以前・木全伸二)

また、個人として創作小説を公開して
います。

サークル淫
個人サークル

竹取奇譚 音声なし 無料配布版
デジタルノベル「竹取奇譚 音声なし版」
無料配布中。


お世話になっているブランド
カトレヤオフィシャルサイト
Cybele
TRYSET
Digital Cute
ソフトサークルCrepe(クレープ)
注)リンク先は18禁作品を扱っておりますので18歳未満の方は閲覧できませんのでご注意下さい。

シナリオを担当した作品のリストについては、下記へ。
http://circlein.h.fc2.com/page1.html




月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。