FC2ブログ

とりあえず右腕が動くので何とかなると思っていた。

とりあえず右腕が動くので何とかなると思っていた。だが、右手だけでパソコンで文章を打つのは、かなり面倒臭い。だが、左腕左足ががまともに使えない身体で、新しい何か別の業種に転職も無理だろう。とりあえず、杖なしで歩けるように病院でリハビリをしたが、以前の身体に戻るのは無理そうだ。今の自分にできることは激しい動きを必要としないトークイベントや、あまり金のかからない催し物を見に行くのが精一杯だ。倒れる前の身体に戻りたい。
でも、こんな身体になって分ったことは。この世の中は健常者のルールで動いている。左足が麻痺しているのでゆっくり歩いていると、交差点の信号が途中で赤に変わることがある。電車に乗るとき足が悪いのでゆっくり乗りたくても、後ろから押されたり、邪魔だと言わんばかりに肩をぶつけられる。何をそんなに急いでいるのか分らないがゆっくり歩いてる者は邪魔者、ゆっくり人ごみを歩くのは悪と言うのが健常者の感覚らしい。何で、あんなにセカセカと歩くのが常識となったんだろう。
スポンサーサイト



「オシャレマクロスFB7」ショップinマルイメン

「オシャレマクロスFB7」ショップinマルイメン



開催期間10月17日~10月28日



会場:新宿マルイメン



期間限定イベントショップ、「マクロス」シリーズ最新作の劇場版「マクロスFB7」の公開を記念して「オシャレマクロス」の第4弾「オシャレマクロスFB7」。「オシャレマクロス30」で販売していた商品や、先行販売商品など、数多くのマクロスグッズを販売。











商品は撮影禁止だったので、それ以外を撮影。























「伏」展 in 東京アニメセンター

「伏」展 in 東京アニメセンター



開催期間2012年10月10日(水)~10月21日(日)

※休館日10月15日



会場:東京アニメセンター



入場料 無料



・キャラクター設定画、美術設定、本編絵コンテ、本編カットの展示

・関連グッズ販売など。















































海賊戦隊ゴーカイジャー 韮沢靖デザイン画集『ザンギャック ワークス LOG』原画展

海賊戦隊ゴーカイジャー 韮沢靖デザイン画集『ザンギャック ワークス LOG』原画展





2012年10月19日(金)~2012年11月4日(日)13:00〜20:00



会場:ギャラリー白線



入場料:500円





画集に収録された全デザイン原画、

レインボー造型企画制作のバリゾーグのスーツを展示.







来場者全員プレゼントの限定ステッカー

























































アスキー・メデイアワークス創立20周年 電撃20年祭

アスキー・メデイアワークス創立20周年 電撃20年祭



2012年10月20日(土)21日(日)10:00~18:00



会場:幕張メッセ1~4ホール



入場料:無料



主催:アスキー・メデイアワークス

















































無料配布でいただいたペーパーバック





無料配布のオフィシャルガイドブック。一日目で確保、二日目は見かけず。









電撃秋の祭典のスタンプラリーの台紙を持って行くともらえるトレカと台紙。

秋の祭典では台紙はいただいたのですがスタンプラリーに参加している余裕がなく

台紙のみ頂戴していたもの。





電撃20年祭のスタンプラリーの台紙とスタンプラリーに参加するともらえる下敷き。





ガンプラゾーンの展示。



























































































































































































































































グッドスマイルカフェin電撃20年祭









浅間・智の五穀チャーハン800円記念ステッカー付き。





アクセルワール丼800円記念ステッカー付き。























































































































































































































































事前申し込み来場特典キャラメモ











ビビッドレッド・オペレーション未発表情報 大公開イベント



ステージイベント20日(土)15:00~15:40



出演:佐倉綾音、村川梨衣、大坪由佳、内田彩、内田真礼(シークレット出演)、



司会:サンキュータツオ





五人のヒロインとキャストの紹介,5人目のヒロインの名前黒騎 れいとキャストの内田真礼は、このステージが初公開。一色もも役、おじいちゃん・一色健次郎役のキャストの覆面メッセージを初公開。最新PVを初公開。





アニプレックスのロゴが入ったジャンパーを羽織って司会のタツオさんが登場。まず最初に四人のメインキャラとキャストを紹介して、そのキャストの四人が登場してから5人目のキャラ名とキャスト名を紹介して、内田真礼さんが登壇して、全員でトーク。それぞれ演じているキャラの印象やオーデイションの話を。キャラデザに合せてホットパンツでオーディションを受けている人が多かったとか。でも、合格した五人はそんな格好なんか気にせずにオーディションを受けたとか。そんなトークの後、まだキャストが公表されていないヒロインの妹とおじいちゃんの覆面メッセージ(音声のみのメッセージ)を公開。一番最後に最新PVをステージの大きなスクリーンで上映してトークイベントは終了。

「2013年カレンダー発売記念トークライブ!」

「2013年カレンダー発売記念トークライブ!」



2012年10月8日(月・祝日)12:30分~15:00(12:00開場)





会場:四谷天窓 



出演:石毛佐和、井上直美、こやまきみこ(五十音順)



料金:入場料1000円+カレンダー代2000円=3000円(別途ドリンク代500円)





最初は写真集にするつもりだったけれど、パジャマパーティーみたいな感じにと思っていたけど衣装を買いに出かけたとき三人お揃いのパジャマがなくて、カレンダーに変更したとか。石毛さんは今回でコスプレやカチューシャやゴスロリは最後にすると。カレンダーの写真の順番は三人の自分の誕生日月を必ず担当するような順番にしたと。

 そんなカレンダーに関するトークのあとクイズ大会。クイズの内容はカレンダーに写っているTシャツの柄やこやまさんの愛犬の誕生日など、○×の二択形式もあれば四択形式の問題もあれば様々で、そのクイズの正解の多い上位者に三人から私物のプレゼント。そんなクイズ大会のあと、三人でハッピーマテリアルを歌って、こやまさんは歌詞や振り付けが分らないと言ってスマホを舞台に置いてその画面を見ながら歌って、その後、カレンダーへのサイン会に。



 















クイズ大会で使用した解答用紙。自分はクイズ大会、四問しか当りませんでした。







カレンダーに三人のサイン

特別ミニ展示会「Cosmo Super Dreadnught 超時空戦艦まほろばー松本零士 画業60年目の躍動ー」

特別ミニ展示会「Cosmo Super Dreadnught 超時空戦艦まほろばー松本零士 画業60年目の躍動ー」



2012年10月6日(土)~10月21日(日)

10:00~18:00



会場:杉並アニメーションミュージアム4階会場





小さな会議室程度のスペースに 松本零士先生の漫画原稿や超時空戦艦まほろばのメカ設定資料などが展示されていました。本当にミニ展示会。





チラシ



009カフェ

009カフェ



2012年10月6日~



会場:新宿バルト9







バルト9に展示してあった「まどか」関係の展示物











バルト9では、エレベーターのドアまで「まどか」仕様











009カフェのオリジナルドリンクのメニュー











オリジナルドリンク002

とオリジナルドリンクを注文するとついてくる

オリジナルコースター



























映画「アシュラ」公開記念「ジョージ秋山展」

映画「アシュラ」公開記念「ジョージ秋山展」





開催期間 2012年9月25日(火)~10月8日(月)11:00~19:00

※休館日10月1日



会場:東京アニメセンター





主催:アシュラ製作委員会



入場料 無料





「アシュラ」や「浮浪雲」などの漫画原稿、「アシュラ」の映画の設定資料等が展示されていました。











































喰霊-零-THE NIGHT<SP>~フリーズ引いても2期までやめない~

「喰霊-零-THE NIGHT

~フリーズ引いても2期までやめない~」



2012年10月7日(日)19:00~22:00(開場18:30)



会場:阿佐ヶ谷ロフトA



出演:代表(講師)



チャージ料金:予約¥1,500 / 当日¥1,700(共に飲食代別)







ファンによるファンの為のファン主催非公式ファンイベント「喰霊-零-THE NIGHT」。

今回は、喰霊のパチスロが出るのを記念して大学の講義みたいにホールでの台の確保とか、

ホール内でのマナー等、初心者にも分るようにパチスロを解説。

実機を用意する予定だったのだが、都合により用意できなくなったとか、代わりにテキスト等を配布して、

講義調でパチスロを解説。実機があれば、当たり演出など、かなり分りやすくなったのではないかと。

実機の当たり演出画面を実際に見てみたかったです。

イベントの最後にはサイリウムを振れるミニライブコーナーがあったり、ま、非公式で、

ここまでやれるなんて、とてもすごいなと思いました。













壁に貼ってあったポスター、全二枚。

ジャンケンで、その勝者へのプレゼントに。自分も欲しかったんですけど、

そのジャンケンに勝ち残れませんでした。





入場時に受け取った今回のイベント用の小冊子(コピー本)





パチスロについての入門テキスト。





プレゼントでいただいたパチスロのパンフ。



プレゼントでいただいたプレート。

パチスロメーカーのオーイズミさんのご好意で、

たくさんいただいたらしく、希望者全員に行き渡った

プレート。







「電撃文庫 秋の祭典2012」内「秋の祭典グランドフィナーレ featuring うぇぶらじ@電撃文庫」

「電撃文庫 秋の祭典2012」





















































































「電撃文庫 秋の祭典2012」内



「秋の祭典グランドフィナーレ featuring うぇぶらじ@電撃文庫」



2012.10.07(日)17:00~17:40



会場:東京 秋葉原 UDX2F



出演:うえむらゆか、三澤紗千香、おかゆまさき、他



事前応募抽選



アニメ化する「はたらく魔王さま」のメインキャストの逢坂良太さん(真奥貞夫/魔王サタン役)、日笠陽子さん(遊佐恵美/勇者エミリア役)、東山奈央さん(佐々木千穂役)、小野友樹さん(芦屋四郎/悪魔大元帥アルシエル役)らの紹介、ゲーム「ロウきゅーぶ! ひみつのおとしもの」の紹介。二つとも出ている日笠さんが続けて登壇。ワーナー エンターテイメント ジャパンの中山信宏さんがゲームの内容を説明するとき、原作通りだと、で、ゲームのジャンル“ロリスポ ステルス アドベンチャー”を連呼して説明を終え、イラストを額装してそれに作者のサイン入りのプレゼントがもらえるジャンケン大会に。

ま、当然のごとく勝ち残れず、ジャンケン大会が終了した時点で自分は退場させていただきました。



2012年度矢上祭 佐藤聡美の「しゅが美祭、気になりますっ!」

2012年度矢上祭 佐藤聡美の「しゅが美祭、気になりますっ!」



2012年10月7日(日) 矢上祭(2日目) 開演10:30分~11:40分(開場10:00)



会場:慶應義塾大学矢上キャンパス 11校舎31教室



出演:佐藤聡美



最初に軽く自己紹介と出演作品の紹介。



『しゅがーるーむ』

佐藤さんへの質問コーナーで、今まで演じたキャラで自分に一番似ているキャラはいないと。どのキャラもどこか自分に似ている部分はあると。印象に残っているオーディションは地獄少女のオーディションとマネージャーさんがずらりと並んでいた青二のオーディションで、緊張したとか。緊張のほぐし方として身体をほぐす、恩師から『緊張するのは自分がやってきたことに自信がないからだ』と言われたことがあると。背が足りないので助けてという相談メールに、それは、個性の一つで気にすることはないと。ハヤシライスの存在が許せないというメールに許してやれよと。



『朗読人魚姫』

人魚姫のお話を朗読



『しゅがりんぴっく』

チャレンジコーナー。佐藤さんがチャレンジに成功すると慶應グッズの景品が佐藤さんにプレゼントされるゲームコーナー。

最初に、早口言葉に佐藤さんが挑戦。クリアファイルが景品

次に旗揚げに挑戦。ネックストラップが景品。

その次にお絵描きチャレンジ。佐藤さんが画を描いてそれを何の画かお客さんが正解したらチャレンジ成功。

画のお題は『旗揚げするアルパカ』景品タンブラー。

縄跳びチャレンジというチャレンジもあったんですけどその場で事務所NGが出てチャレンジ中止。

アンケートクイズ。事前に佐藤さんの好きなところをアンケートしていて、その四位と五位を本人が当てるクイズ。

一位声、二位演技、三位明るさ、四位真面目さ、五位動き。景品トートバック。



各コーナーが終わってプレゼント抽選会があってトークイベントは終了。





新谷良子トークショー

新谷良子トークショー



2012年10月7日(日)13:00分~14:30(開場12時15分)



会場:慶應義塾大学 矢上キャンパス12棟210教室



出演:新谷良子



主催:慶應義塾大学 同人創作研究会



料金2000円 全席指定



当日は午前中天気が悪くて、午後になって天気が晴れてきたので、オープニングトークの自己紹介で新谷さんは自分は「ハレ女」だと。トークテーマにそってのトークコーナーでは新谷さんの言う『カベドン』についての説明。

目標はこれから細く長く声優を、あと、世界のディズニーランドを全部制覇するのが目標だと、トークコーナーの後にクイズ大会があり、クイズに外れると罰ゲームとして、事前に募集した恥ずかしい台詞を新谷さんが言うというクイズコーナーがあり、新谷さんは、ここは空気を読んでわざと外れて恥ずかしい台詞を言ったほうがいいんでしょと、自分からクイズに不正解する流れに。で、恥ずかしい台詞は来場者の願望の表れということで、逆に新谷さんがみんながどんな台詞を言わせたいのか興味津々に。クイズは乙女ロードは何メートルあるのかとか、東京デイズニーランドで売られているポップコーンの味についてだとか新谷さんの嗜好に合わせた感じのクイズが多く。トークコーナーの次は、5W1H、いつ、どこで、誰が、なにを、なぜ、事前に募集した単語をランダムに引いて、並べてそれで文章を作り

それを元に新谷さんが画を描いて紙芝居として一つのお話にするお絵描きコーナーに。

最初に引いた単語を並べるとこんな感じの文章に『夏休み最後の日にスカイツリーで良子ママが犬を脱皮』これを元に新谷さんが紙芝居を作成。

二回目は『日曜日、野外会場で母がたこ焼きをなだめるために蹴っ飛ばした』こんな感じの文章を紙芝居に。

新谷さんは声優になるため、専門学校の学費が無料になるオーデイションを受けたけれどもそれに落選して、それで落ち込んで、その帰りに声優になるのを反対していた母親がそんな落ち込んだ新谷さんをなだめるためにたこ焼きを食べさせたとか。

『王国一武闘会』新谷さんと来場者がゲームで競い合うコーナーで最初は新谷さんのベストアルバムに収録さえている曲名で『山手線ゲーム』。次は『3文字しりとり』で負けた新谷さんが罰ゲームとして恥ずかしい台詞を。

質問コーナーに戻って、やってみたいことはライブがやりたいと。新人声優さんを見ると可愛いと思うと。





小林ゆう矢上祭トークショー「ゆうの“ゆう”は自由の“ゆう”!」

小林ゆう矢上祭トークショー「ゆうの“ゆう”は自由の“ゆう”!」



日時:2012年10月6日(土) 15:00~16:50(開場14:30)



場所:慶應義塾大学矢上キャンパス12棟108教室



出演:小林ゆう



小林ゆうさんの登場が遅れて、学生の司会の方が拍手の練習で場つなぎ。

15分以上開演時間を押して、ゆうさん登場。

コーナーごとにトーク。





『声魂』

学生の方が用意された台本を元にゆうさんがひとり二役で演じるコーナー

さっちゃん(猿飛あやめ)と霧野蘭丸とか、桜咲刹那とアマゾネス(荒川アンダー ザ ブリッジ)や、

漆原るかと折堂鞠也など、それぞれのキャラを見事に演じ分けていました。



『魔法画伯ゆう』

事前に描いてあった画が2枚、その場で描いた画が1枚。来場者に何が描いてあるか分った方にそのイラストをプレゼントというコーナー。うさぎやさっちゃん、福沢諭吉像などを描いたらしいのですが、自分にはまるで分りませんでした。



『こばやしほりっく』

小林ゆうさんへのメールコーナーで、叱られたい方がいて、ゆうさんが二代(境界線上のホライゾン)の声で罵ったり。



『モエオチ』

演目『微レ存』を、教壇の上に座って一席。







各コーナーが終わってサイン入りグッズなどが当るプレゼント抽選会に。



当日のミニパンフ



ミニパンフの中身、ゲストの紹介、コーナーの紹介。

大原さやかトークショー~さぁやが矢上に参ります~

大原さやかトークショー~さぁやが矢上に参ります~



2012年10月6日(土)  12:30~  (開場12:15)



会場:慶應義塾大学矢上キャンパス 12棟108教室



出演:大原さやか



チケット料金1500円(事前予約制、全席指定)



開演前に会場の教室の後ろから会場の様子を見ていたとか、で、実際に大原さんが会場の教壇の前に立つと、

机に座る来場者を見て「人がいたよ~」と、安心した叫びを。

前回のイベントのときのゲストが浅野真澄さんと広橋涼さんだったと学生の司会者さんから聞いて大変だった

でしょうと。

コーナーごとにトーク。



『大原さやかの勝手に一日』

スライドで映写された場所を選んで、その場所にあったアナウンスを大原さんが演じるコーナー。

最初に選んだ場所が駅で、駅のホームの黄色い白線の内側にという構内案内アナウンスをARIAのアリシアさんの口調で。

次に百貨店を選び店内アナウンスをフェアリーテイルのエルザの厳しい口調で。

普段あまり声優さん同士で買い物に出かけたりしない、でも、買い物に出かけて井上喜久子さんとばったりあって驚いたことがあると。

次に銀行を選んで、ATMのアナウンスをうみねこのなく頃にのベアトリーチェの口調で「バトラー」と挑発的に。

次に電話局を選んで、xxxHOLiCの侑子さんの口調で留守電を「この番号にかけたのは偶然ではない必然」だと。





『答えてさやかちゃん』

事前に募集した質問に答えるコーナー。

お酒を飲むと凶悪になるかという質問に昔はと。

秋と言えばオサツスナックだと。

あらためて挑戦したいこととして、夏雪ランデブーをプレスコで収録したので、生の掛け合いのお芝居が気になっているみたいでした。

今年は、もう五回ほど京都に行っていて、この前名古屋のイベントで川澄さんと一緒だったことがあり、ふたりとも浴衣だったので、そのまま京の川辺でのお食事に行ったとか。

質問の他にお悩みなどの質問に答えて次のコーナーに。



『大原さやかの恐怖への招待状』

学生の方が書かれた怪談話を大原さんが朗読。

『ねぇ、どこ』得体の知れない何かが寝床に現れるのはよくある怪談で、今ひとつでした。

主人公が失明して化け物が口にしていた口癖の『ねぇ、どこ』を主人公が呟いて人を探すようなオチにするとか、

もう少し悲壮感のあるはっきりとした怪談にしてほしかったです。

もう一本の『息子からの電話』は、事故で死んだはずの息子からの電話を母親が本物の息子からの電話と信じてしまい、でも、実は振り込め詐欺の電話だったんじゃないかというオチがあって面白かったです。



イベントの最後に『夏雪ランデブー』や『TARI TARI』のアフレコ台本などが当る抽選会があってトークイベントは終了。





















マクロス・ザ・ミュージカルチャー

マクロス・ザ・ミュージカルチャー



2012年10月03日(水)~2012年10月08日(月)



会場:東京ドームシティホール



http://macross-musicalture.com/

出演: ヴィーゴ・ウォルグリア役広瀬 友祐、アッシュ・アンダーソン役土屋 シオン、さくら・クロフォード役吉井 香奈恵

ダリル・ウォルグリア役上杉 梨紗、エル役陽向 あゆみ、ソニア・ドセル役長谷川 愛シャルロット・マリオン=グラス役

富田 麻帆他



演出:茅野イサム

脚本:三井秀樹

監修:河森正治



全席指定:¥6,800





曲目(一部)「マクロス」「愛・覚えていますか」「私の彼はパイロット」「トライアングラー」「ダイアモンドクレパス」

「ユニバーサル・バニー」「射手座☆午後九時Dontbelate」他



10月6日18:00~の回を観劇。マクロスの世界観を元にした外伝的ミュージカルで、アニメ(原作)のキャラが出てきて物語に絡んでくれたら、もう少し面白かっただろうなと。ま、マクロスF関連の曲はミュージカルにしても聞き応えのある曲だったなと、あと、マクロスFの作中に出てくるCMを再現したり、面白いところや聞き所はありました。この手の舞台やミュージカルによくある、声優さんがゲストとして登場してくれていたら、もっと良かったです。



























































カテゴリ
プロフィール

木全伸治

Author:木全伸治







脳卒中の後遺症で左手に麻痺が残っていますが、何とか最近、右手だけでこのブログなど文章が打てるようになってきました。なにか、お仕事のご依頼等ありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

お仕事募集中。

商業、同人問わずお仕事の方
募集しております。脳卒中の後遺症の左半身麻痺という障害持ちなので、多少無理はできないところはありますので、その辺はご了承下さい。

まずは、ご連絡を。

kimatasinzi★kit.hi-ho.ne.jp
 ★を@に変えて送信して下さい。


このブログの内容についてコメント等自由に書き込んで頂いて構いません。ただ、当ブログと一切関係ない宣伝等の書き込みは削除する場合があります。

ペンネーム 木全伸治(きまたしんじ)
(09年以前・木全伸二)

また、個人として創作小説を公開して
います。

サークル淫
個人サークル

竹取奇譚 音声なし 無料配布版
デジタルノベル「竹取奇譚 音声なし版」
無料配布中。


お世話になっているブランド
カトレヤオフィシャルサイト
Cybele
TRYSET
Digital Cute
ソフトサークルCrepe(クレープ)
注)リンク先は18禁作品を扱っておりますので18歳未満の方は閲覧できませんのでご注意下さい。

シナリオを担当した作品のリストについては、下記へ。
http://circlein.h.fc2.com/page1.html




月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード