FC2ブログ

「たまゆら」上映イベント ~いつかの大切な日々へ~

「たまゆら」上映イベント ~いつかの大切な日々へ~



2010年10月22日(金)21時25分~22時45分



会場:東劇



出演:佐藤順一監督、松来未祐(「ほぼろ」店主役)



司会:儀武ゆう子(桜田麻音役)



たまゆら 公式

http://www.tamayura.info/



tamayura_tweet

http://twitter.com/tamayura_tweet











イベント参加











『たまゆら』のみっつめ、よっつめを観てきました。



主人公の楓ちゃんが、写真として残っているお父さんとの

思い出の場所を探すお話で――――。



ニヤニヤとしてしまうようなシーンがいっぱいで。



四人の女の子は明るくて、りほさんは灯里さんみたいで、

さよみ姉さんはアリシアさんみたいなところがあって。



監督の伝えたい優しさが、いっぱい伝わってきました。



まったり観るには、本当にいいアニメでした。











上映が終わった後、トークコーナーに。



司会は、儀武さん。



「さとうじゅんいっちー」「みゆみゆ」と、司会の儀武さんが

観客と一緒にゲストを呼び込み。



儀武さんがどちらが監督か松来さんか分からないので

自己紹介をと振ると、松来さんがふざけて佐藤順一と、

監督が松来未祐とお互いの名前を入れ替えて自己紹介。



ちょっとの間だけ、松来さんが監督に、監督が松来さんに。



儀武さんが、いつまでそれで通すのかと――――、

おふざけは終了。









舞台に三人分の椅子。



儀武さんが前回の上映会ではパイプ椅子だったのに、

今回は木製の素敵な椅子になったと。



今日は30分終了予定になっているけど、40分までやると

儀武さんが宣言。













キャラデザについて、森ガールみたいと言われると

監督は、それはキャラデザの方のセンスと。



大きなスクリーンだと、前回と同じく画面が拡大されて

あちこち気になると監督。



作品のメッセージである優しさは、ちゃんと伝わると。









BGMは懐かしさと可愛さを。









松来さんは、『たまゆら』の舞台の竹原のお隣が地元。



徐行も体験。







松来さんは『たまゆら』を観ていると、昔、竹原に行った

ことがあることを思い出したと。



それを松来さんはお母さんに確かめようとメールを送ると

覚えていない、お父さんに聞いてと。



お父さんに聞くと、お父さんも覚えていなくてお母さんにと。











地元で配布している冊子に、地元出身の声優さんと

して松来さんの記事が載ったことがあると。



でも、名前に誤植があり、そのことを一応注意して

みると、すでに地元のお父さんがクレームを入れて

いたとか。











お父さんとの思い出として、松来さんは子供の頃、

コーヒーの香りのするお父さんの不動産屋の事務所

に遊びに行き、そこにあるミルミルを飲んでいたとか。



瀬戸大橋に、家族みんなで遊びに行ったとか。









松来さんは泳げなくて、ちょっと溺れそうになった

ときお父さんが側にいなかったとか。









他にお父さんとの思い出として、子供の頃、山の方に

ある友達の家に松来さんが遊びに行こうとしたとき、

乗るバスを間違えて、見知らぬ場所に下りて――――。



残っていた小銭でお父さんの事務所に電話したら、

お父さんが事務所を閉めて、松来さんを探しに来て

くれたとか。









儀武さんのお父さんとの思い出は――――、

お父さんがとても自由な方で、お母さんがパートで

家計を支えていたとか。









監督のお父さんの思い出は、子供の頃にタバスコを

ケチャップと騙された話で――――、すごく辛かった

ことを今でも覚えていると。



監督はお父さんとの思い出よりも、自分の子供との

思い出がいっぱいあって。



寝ている子供をこっそり車に乗せて、日の出の海に

連れて行って、子供に朝日を見せたとか。









BGMは二十曲も用意してもらえて、だから監督も

全部使った。



道を登った先で視界が広がったとき、BGMの雰囲気

が変わる、そういう感じに発注した。



だから、そのBGMと映像と音声がぴったりはまったり

すると、すごく気持ちいいそうです。



儀武さんに世界の佐藤順一とほめられ、監督も

「まあね」と返したり。









監督は、マカオ帰りで大きな荷物を持って控え室に

現れたとか。









竹原のイベントでは、地元の方に「食べろ食べろ」と

たくさんもてなしを受けたとか。









時間が来たので、松来さんと監督が締めの挨拶。



松来さんの役に名前がないので、これからの展開

次第では名前が――――。



みなさんの購入次第と。









おふたりが退場して、儀武さんが最後に発売日等

の告知をしてイベントは終了。











もっと先を――――。



いつつめ、むっつめも観てみたい上映会でした。































入場時に受け取ったチラシ等。











前売 1000円
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

木全伸治

Author:木全伸治







脳卒中の後遺症で左手に麻痺が残っていますが、何とか最近、右手だけでこのブログなど文章が打てるようになってきました。なにか、お仕事のご依頼等ありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

お仕事募集中。

商業、同人問わずお仕事の方
募集しております。脳卒中の後遺症の左半身麻痺という障害持ちなので、多少無理はできないところはありますので、その辺はご了承下さい。

まずは、ご連絡を。

kimatasinzi★kit.hi-ho.ne.jp
 ★を@に変えて送信して下さい。


このブログの内容についてコメント等自由に書き込んで頂いて構いません。ただ、当ブログと一切関係ない宣伝等の書き込みは削除する場合があります。

ペンネーム 木全伸治(きまたしんじ)
(09年以前・木全伸二)

また、個人として創作小説を公開して
います。

サークル淫
個人サークル

竹取奇譚 音声なし 無料配布版
デジタルノベル「竹取奇譚 音声なし版」
無料配布中。


お世話になっているブランド
カトレヤオフィシャルサイト
Cybele
TRYSET
Digital Cute
ソフトサークルCrepe(クレープ)
注)リンク先は18禁作品を扱っておりますので18歳未満の方は閲覧できませんのでご注意下さい。

シナリオを担当した作品のリストについては、下記へ。
http://circlein.h.fc2.com/page1.html




月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード